この春スタートしたアニメ『忘却バッテリー』で主演を務める声優の2人が登場。今回は2人の青春時代にまつわるエピソードをお届けします。

増田俊樹 宮野真守 青春時代 『テニスの王子様』

まっすぐに、そして真剣に
増田俊樹×宮野真守
2人はまるでバッテリー

お話をうかがったのは
増田俊樹

声優

増田俊樹

1990年3月8日生まれ、広島県出身。2009年にミュージカル『テニスの王子様』でデビューし、声優として多数の作品に出演。代表作に『刀剣乱舞-花丸-』『僕のヒーローアカデミア』『アイドリッシュセブン』『あんさんぶるスターズ!!』などがある。

宮野真守

声優

宮野真守

1983年6月8日生まれ、埼玉県出身。7歳から子役として芸能活動を開始。現在は声優としての顔に加え俳優、タレントなど幅広いジャンルで活躍中。アーティスト活動も精力的に行っており、デジタルシングル『M&M REMIX 5』が配信中。

keyword_02
youth 青春

増田 青春で浮かぶのはミュージカル『テニスの王子様』。
宮野 ずっと青春学園と戦っていたもんね。僕らの青春!
増田 僕は19歳で参加したんですが、ペラペラだった自分の人生において大事にしたいと思うものが見えてきた時期だった気がします。というのも、あの作品は僕のデビュー作で、ご一緒した先輩方から人間として大事にすべきことを学ばせてもらったんです。小さなところで言うと“楽屋は綺麗に使う”だとか。そういうことを意識している方は舞台裏でも舞台上でもカッコよくて。ただでさえデカい背中が一際大きく見えて、いまだにその教えを大事にしている自分がいます。
宮野 素晴らしいね。俺の楽屋はグチャグチャだけど(笑)。
増田 先輩から教わらなかったんですか(笑)。舞台上でも最初は何をしたらいいかわからず、うまくいったと思ってもダメ出しの連続。思うようにいかない悔しさを乗り越えながらなんとか1年の公演を終えた時に、「よかったよ」と声をかけてもらえたんです。お酒好きな先輩たちが「来年お前が20歳になったら酒を飲もう」と言ってくださって、少しでも認めてもらえたのかな……とすごく嬉しかったですね。
宮野 めちゃくちゃいい話じゃない! 俺も嬉しいよ。
増田 悔しさと嬉しさ、それに自分の根幹となる部分がすべて詰まっていて、今振り返ると果てしなく“青春”でしたね。

宮野 僕は子役をやっていたから、小学生の頃は少しだけ優越感があったんですよ。でもクラスで人気があるのはカリスマ性がある子で、僕は学校帰りも一人のことが多くて。誘うのは癪で誘われ待ちしてたものの、誰からも誘われず……。
増田 いまだに誘われ待ちしてる時ありますよね(笑)。
宮野 ハハッ。そのせいか、“人気者になりたい!”という欲がどんどん強くなって高校入学と共に爆発(笑)。目立ちたい一心で、文化祭、体育祭……と学校のステージに立ちまくり。結果的に人気者にはなれて、待っているだけじゃダメだと学んだんだよね。でも実はそれって、今の仕事にも通じる部分があると思う。それこそ僕が『テニスの王子様』に出た頃って、2.5次元俳優という言葉すらなかった時代で。
増田 今と違って、まだ演目も全然ない時代でしたよね。
宮野 そう。そんな中、めちゃめちゃ年上の先輩たちが舞台に足を運んでもらうためにいろんな活動をしている姿を見て、やっぱり自分たちが頑張らなきゃダメだと実感。先輩を見習って演劇ユニットを作ったりして拙いなりに努力した結果、少しずつ状況が好転していったんだよね。それ以来、“自分から踏み出さなきゃダメだ”という思いが常に自分の中にあるんだけど、その根っこには人気者になりたくてガムシャラに頑張った青春時代の経験がある気がするな。

増田俊樹×宮野真守が語る青春時代。『テニスの王子様』出演の裏側、舞台にかける思いも_2

初舞台の『テニミュ』は果てしなく“青春”でした
──Toshiki Masuda

増田俊樹×宮野真守が語る青春時代。『テニスの王子様』出演の裏側、舞台にかける思いも_3

青春時代に学んだのは自ら踏み出すことの大切さ
──Mamoru Miyano

増田俊樹×宮野真守が語る青春時代。『テニスの王子様』出演の裏側、舞台にかける思いも_4

『忘却バッテリー』
「少年ジャンプ+」で連載中の人気漫画をアニメ化。天才投手の清峰葉流火(増田俊樹)と野球の記憶を失ったかつての名捕手・要圭(宮野真守)が、野球では無名の都立高校に入学。彼らを中心とした野球部が甲子園を目指す姿を描く。テレ東系列にて毎週火曜深夜24時〜放送中。

MAQUIA 7月号
撮影/Nae.Jay ヘア&メイク/北原由梨(増田さん) Chica(宮野さん) スタイリスト/MASAYA(増田さん) 横田勝広〈YKP〉(宮野さん) 取材・文/真島絵麻里 企画・構成/奈良彩花(MAQUIA)
(増田さん)ジャケット¥93500、シャツ¥38500、 パンツ¥38500/STUDIO FABWORK(SHEIK YERBOUTI) ブーツ¥49500/New name! TOKYO(TAKE FIVE MILE) (宮野さん)スリッポン¥15400/HEMT PR(opposite of vulgarity) その他/スタイリスト私物

MAQUIA書影

MAQUIA2024年7月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。マキア9月号の大特集は「私にぴったり美容」早わかり!。通常版の表紙は小嶋陽菜さん、増刊(特別版)の表紙はSUPER EIGHTさんです。

ネット書店での購入

share