“かわいい”から大人の女性へシフト中!

美容と同じぐらいファッションも好きという千晃さん。最近、クローゼットの中が変わってきたのだとか。

Image title

ロンパース ¥12,800(税抜き)/Priv. Spoons Club(Priv. Spoons Club 代官山本店)

「若い頃は、かわいい系が好きでした。でも色は黒ばかりでしたね。黒を着ると落ち着くなーって。最近は、色を取り入れることの楽しさが分かってきて、今まで着なかった寒色系の服も増えました。色が明るくなった分、甘さのないシックなデザインやレディライクなアイテムを選ぶようになったかも。ローゲージのニットやファーなど、素材感があるトップスがいつの間にか増えてしまったので、少しボトムを買い足したいところ…。スタンドカラーやハイネックなど首元が詰まった服は、昔からずっと好き
デビュー以来、そのキュートなルックスでファンを魅了してきた千晃さん。28歳、持ち前のキュートさに、しっとりとしたレディな魅力も加わってさらにパワーアップしそうな予感♡


<<次ページをチェック!>>

★千晃さんのお気に入りアクセサリーを紹介!>>

ファッションに合わせてアクセサリーもレディに♡

コーディネートのアクセントに不可欠なアクセサリー。千晃さんにアクセサリー選びのポイントやこだわりを聞いてみた。

Image title「レディライクなファッションに惹かれるせいか、最近、パールのアクセサリーを身につけることが多くなりました。そして今はシルバーよりはゴールドの気分かな

ここ最近のヘビロテは、『トゥマッチ』のパールリングなどのゴールドアクセ。3年ほど愛用している『エディーボーゴ』のスタッズのシルバーアクセは、ドレッシーなコーディネートにハズシで合わせることが多いそう。

小振りでシンプルなのにどこか存在感がある…、千晃さんが惹かれるのは、そんなアクセサリーだ。

撮影/蓮見 徹 ヘア&メイク/岡田いずみ スタイリスト/谷川知秋 取材・文/新田晃与


2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share