「MAQUIA」9月号では、みんベス受賞コスメで「なりたい顔」をアップデートする方法をpaku☆chanさんがレクチャー。今回は、自然な目幅を演出するメイクテクを教えます!

旬の横幅ワイドなデカ目になりたい! みんベス受賞コスメで自然な目幅メイクの鍵を伝授_1

読者10万人の「コレ、いい!」が詰まってる
みんなのベスコス2020上半期

読者のリアルVOICE、ヘア&メイクアップアーティストpaku☆chanが受け止めます
みんベス受賞コスメで「なりたい顔」をアップデート

マキア公式ブロガーたちが本音トーク

記事が続きます

(右から)coconさん、さちぷぅさん、akaneさん、さくらさん、Marikoさん


 


リアルVOICE
目元はぱっちりよりも
自然な目幅を出したい

cocon デカ目はデカ目でも縦に丸い可愛い系の目元は、今はちょっと違うのかなって。いかにも“男ウケ狙っています”って感じに見えるのもイヤ(笑)。小松菜奈ちゃんみたいに抜け感のある横幅ワイドな目が素敵!
Mariko まつ毛も繊細でありながらきちんと際立っていて、ちゃんと品のある目元が今の時代のデカ目の定義なのかも。やりすぎ感はいらないね。

ぼかしライン&毛先二度塗りの 合わせ技が効く

from paku☆chan
ぼかしライン&毛先二度塗り
合わせ技が効く
「単にラインを長く引く、といったテクに頼らないことが、自然な目幅メイクの鍵。アイラインをきちんとぼかすことで、目尻の“伸びしろ”を感じさせることができます。マスカラは根元ではなく毛先に重ねづけして、まるで“元からふさふさ”なボリューム感を実現。盛りすぎると抜け感がなくなるので注意」

この2つを使ってできる

記事が続きます

(右から)柔らかに見せるダークブラウン。キャンメイク クリーミータッチライナー 03 ¥650/井田ラボラトリーズ にじまず1日中つけたてのカールが続く。ヒロインメイク ボリューム&カールマスカラ スーパーWP 01 ¥1000/KISSME(伊勢半)


 


Point

Point

1 ラインを黒目外側から目尻へ引き、先端をつぶした綿棒でぼかす。下まぶたにも細く入れて。
2 マスカラは全体に塗ったら、毛先だけ重ねる。目尻側は横に流して。下まつ毛にも軽く。




MAQUIA 9月号
撮影/柴田フミコ(モデル) 久々江 満、山崎友実(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/上西星来 取材・文/通山奈津子 企画/吉田百合(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share