「MAQUIA」8月号では、不足しがちなたんぱく質をガッツリ補給できる、肉と卵を組み合わせた絶品メニューを紹介中! ここでは、栄養満点でメインディッシュにぴったりな2品をお見せします。

Image title

たんぱく質もビタミンもたっぷり補充

スコッチエッグ風ハンバーグ


お肉に加え、たんぱく質を吸収しやすい半熟状態の卵、ビタミン豊富なブロッコリーとトマトを添えて……。赤・黄・茶・緑の彩りと、栄養バランスもカンペキ!


材料(2人分)

卵…2個 玉ねぎ…1/2個 

パン粉…大さじ5 

ブロッコリー…1/2株 

プチトマト…2個 

みじん切りのパセリ…適量


A

合いびき肉…160g 

塩…小さじ1/3 

こしょう…適量


卵…1個 

オリーブオイル…適量 

水…大さじ2 

塩…適量 

こしょう…適量


B

ケチャップ…大さじ1 

ウスターソース…小さじ1


1. 鍋に湯を沸かし、塩をひとつまみ加え、卵2個をそっと入れ、6分半茹でる。氷水に取り出し、しっかり冷めたら殻を剥く。

2. 玉ねぎはみじん切りにし、パン粉と混ぜる。ブロッコリーは小房にわける。

3. ボウルにAを入れてよく捏ねる。卵1個も加え、粘りがでるまでよく混ぜたら、2の玉ねぎとパン粉も加えて混ぜる。手にオリーブオイルをつけて、ゆで卵を包んで丸める。

4. フライパンにオリーブオイル小さじ2をひき、ハンバーグを中火で焼く。焼き色がついたら裏返し、周りにブロッコリーを並べ、水を注いですぐに蓋をし、弱火で7分蒸し焼きにする。

5. 器にハンバーグを取り出し、ブロッコリーも軽く塩、こしょうをして取り出す。フライパンにBを加えて肉汁をよく混ぜ、ハンバーグにかける。プチトマトは半分に切って飾り、パセリを振る。



【次ページをチェック!】彩り豊かなポークピカタ>>

衣に卵を使ってWタンパク!

やわらかポークピカタImage title

衣に卵を使ってWタンパク!

やわらかポークピカタ


トマト、レモン、サニーレタス、パセリで、ビタミンCをたっぷりとプラス。たんぱく質の吸収もさらによくなり、しっかりとした髪・肌・爪の育成に役立つ!


材料(2人分)

A

卵…2個 

みじん切りのパセリ…大さじ2

豚かたまり肉(ヒレかもも)…200g 

塩…適量

こしょう…適量 

小麦粉…適量 

オリーブオイル…大さじ1 

トマト…1/2個  

サニーレタス…4、5枚 

レモン…2切れ



1. ボウルにAを入れてよく混ぜる。

2. 豚肉は1cm厚さに切ってラップに挟み、肉たたきか空き瓶でたたいて薄く伸ばす。塩、こしょうをしっかりして、小麦粉を薄くまぶし、1にくぐらせる。

3. フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、2を広げて両面こんがり焼く。

4. ブルーベリーソースを作る。小鍋にブルーベリー、レモン汁、はちみつを入れ、よく混ぜながら中火にかける。全体が煮立ったら火から下ろし、冷ます。

5. 器にちぎったサニーレタスを敷き、ポークピカタを盛りつけ、1cm角に切ったトマトをのせ、レモンを添える。


料理家 星谷菜々さん

女性誌などで複数の連載を持つ人気料理家。7月にレシピ本『フルーツスイーツダイアリー』(グラフィック社)を発売。


次回は、肉と卵を使ったエスニックメニューをご紹介します!


MAQUIA8月号

撮影/福尾美雪 レシピ・料理・スタイリスト/星谷菜々 取材・文/宮平なつき 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫



髪、肌、爪。たんぱく質なしは美人は作られない【キレイになる卵&肉レシピ】≫≫



フルーツを水にINするだけ!【デトックスウォーターでおしゃれ痩せ】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share