ここ数年で一気に話題となった、パーソナルカラー診断。自己診断のサイトやアプリなども色々出てきて、イメコンの中ではもっとも身近な存在ですね。

わたしは過去に5回くらい?パーソナルカラー診断(PC診断)を受けたことがありますが、知識が増えるとその分、診断を受けるたびに新たな発見があったりして、とても楽しく勉強になります♪

先日、もうこれで最後かな~と思いながら、イメコンの集大成のような気持ちで、「パーソナルカラー診断&パーソナルデザイン診断」を受けてきました!それなりに診断料もかかるものですが、どうしても受けてみたくて・・・

約2時間のみっちりぎっしりの受診内容を、2回にわたってレポしたいと思います。

パーソナルカラー診断

今回はまずパーソナルカラー診断からレポしますね!!

今回受けた診断は、パーソナルカラーとパーソナルデザインを続けて診断してもらうものでした。わたしは、ツイッターでお見かけした宮山先生(@miya2ma_)にお願いしました。(現在は予約停止中。とっても上品で優しくて素敵な先生でした・・・❤)



まず初めに・・・【パーソナルカラー診断とは】

基本的な診断は、春・秋(イエローベース)夏・冬(ブルーベース)の4つの季節に当てはめる形で行われます。どの季節の色を使った時に、自分に似合うか(肌が綺麗に見えるか)を診断します。※肌色や日焼け具合は関係ありません。

パーソナルカラーがわかると、似合うコスメの色や洋服の色などがわかって楽しい上、お買い物の失敗も少なくなります♪


では実際の流れに沿って(微妙なイラストを添えて笑)レポします。

【パーソナルカラーや色についての説明、各シーズンの色の特徴の把握】

色というのは、無彩色・有彩色があり、色相(赤・黄色など)・彩度(鮮やかか・くすんでいるか)・明度(明るいか暗いか、薄いか濃いか)で分類されます。

各シーズンの色の雰囲気は大体こんなイメージ。

パーソナルカラー診断

春(スプリング)・・・イエローベース、高彩度・高明度。あたたかみがあって、明るく鮮やかな春の日差しのイメージ。お花畑のような可愛い感じの色。

秋(オータム)・・・イエローベース、低彩度・低明度。あたたかみと、深みがあってナチュラルなアースカラーのイメージ。またはリッチで大人っぽい感じの色。

夏(サマー)・・・ブルーベース、低彩度・高明度。ひんやりとした青味があって、優しいパステル系・くすみカラーのイメージ。真夏というより、梅雨っぽい爽やかな感じの色。

冬(ウィンター)・・・ブルーベース、高彩度・低明度+高明度。ひんやりとした青味があって、鮮やかではっきりとした原色のイメージ。もしくはシャーベットのようなごく淡い感じの色。


【パーソナルカラーの合う合わないによって何が起こるのか】

ここで先生が、サーモンピンクとローズピンクのドレープを先生の顔に当てて見せてくれました。

ローズピンクは顔色が青白く、サーモンピンクだと顔色が華やかに見えました。→血色が良くなった→先生はイエローベース、ということでした。

イエベがイエベ色を付けると血色が良くなる・イエベがブルベ色を付けると顔色が悪くなる

反対に、

ブルべがブルベ色を付けると透明感が出る・ブルベがイエベ色を付けると黄ぐすみする

とのこと。


【診断の準備】

パーソナルカラー診断

・メイク有無の確認→メイクしていればクレンジングシートで拭き取る(すっぴん・裸眼(コンタクトなら透明)で診断を受けます)

・白いケープを付け、髪を束ね前髪を上げる

パーソナルカラー診断は、最近誤診が増えているらしいです。(蛍光灯下での診断やメイクしたままの診断は間違えやすい)過去の診断と変わることもあるから、お覚悟を・・・と言われ、ゴクリ・・・。

次のページで、実際の診断の様子をレポ!

【いよいよ診断開始】

最初に瞳の色を確認されました。わたしの瞳はやや茶色、という感じ。真っ黒ではありません。

あとは髪の色も見てました。わたしは地毛、やや赤みがかった黒髪です。

(うん、うん、と頷かれる。最初に当てるドレープの検討を付けているご様子でした)


パーソナルカラー診断

今までの診断では4シーズンまとめてドレープを当てていたのですが、今回は2シーズンずつのトーナメント式?でした。

※これから、ドレープを当てた時のわたしの変化について記載しますが、あくまでも私の肌に起こった変化を書いています。色やシーズンに対する批判等ではありません。


はじめに当てたのは、秋と冬のドレープ。

Iパーソナルカラー診断

秋の色は、顔色が黄ぐすみしてしまい、顔に影が出て目尻や口角が下がって見えました。

わたしには、秋の色を綺麗に活かせず、顔色も悪くなるので、秋ではない・・・ということで、秋をはずしました。秋の青い布が緑に見える!?(SNSで見た現象だ!!)のが不思議でした。


パーソナルカラー診断

冬の色は、全体に顔色が明るく見えたり、艶が出ました。口角が上がって見えたり、唇の色が綺麗に見えます。中でも冬の赤は高級なドレスのように見えました。冬の青は浴衣にしたら素敵ですね、と言われました。


次に、春と冬のドレープを当てました。

パーソナルカラー診断

春の色は、顔色が黄ぐすみしてしまいました。春のベージュを身に付けると裸に見えるようで驚きました。鮮やかで綺麗な春のブルーは、顔から浮いて色が目立ってしまい残念。とにかく黄みが苦手なよう。春の明るさや温かみを活かせないので春をはずしました。


最後に夏と冬のドレープを当てました。

パーソナルカラー診断

夏の色は、悪くは無いのですが、冬と比べると存在感が消えてしまい、布が白っぽく色褪せたように感じました。また、血色が引かれすぎて顔色が病的に青白くなる色もありました。夏の爽やかな色を活かせない、青白くなりすぎるので夏ではなさそう、となりました。


パーソナルカラー診断

どうやら冬のようだ、ということで、冬のテストカラーの口紅(濃いめの鮮やかなローズ)とチーク(ローズ系)を素肌に塗りました。→似合う、肌に透明感が出る!

結果、冬(あえてセカンドを出すなら夏)という診断になりました。


この後、冬のドレープをたくさん当ててもらいました。楽しい!

パーソナルカラー診断

・ハッキリしたネイビーや、冬の特権、ブラックが似合う

・グレーは黒と白だけ混ざった色を選ぶ

・茶色は基本苦手だが、着る場合は黄味くすみのない、黒に近いブラックブラウン(瞳の色に近い)

・白は真っ白(ウェディングドレスの色、オフホワイトだったなぁ・・・あの頃診断受けとけば!)

・アイシーカラーも透明感が出た。

・紫系も似合う 高そうな着物を着ているように見える

・グリーンは黄色が入っているので選び方に注意 青味の強いものを選ぶ

・青は全般得意だった

・秋冬に流行するバーガンディ系は、赤紫に近い色、ワインレッド系が良い

・唇の色が薄いので冬の濃い色を着るときはリップの色を冬の色にするのが大切!

(すごく細かく教えてくださいます!)

過去に冬とも夏とも言われたことがありますが、今回の診断結果にすごく納得。色によっては夏も悪くないんです。青味が重要みたいなので・・・。ただ、それと同時に鮮やかさも必要なようで、彩度の低い色(くすみカラー)はあまり得意ではないなというのがよく分かりました。


パーソナルカラー診断

最後に、髪をおろし、冬のベーシックカラー:グレーのドレープをかけ、ピンクと青のドレープで色々な大きさのコサージュを作って当ててもらいました。

花が大きすぎるのはコサージュに目が行く 小さすぎても寂しい 中間くらいが良さそう?→これは後のパーソナルデザイン診断につながります。

次のページで、カラーに関する質問と解答、コスメについてご紹介!パーソナルカラーについて思うことも呟きます。

カラーについて、いくつか質問もさせてもらいました。

質問:冬のアイシーカラーと夏のパステルカラーの見分け方が難しい。

パステルは白っぽいふんわりした色、アイシーは水に絵の具を1滴たらしたような、凍ったような透明感と冷たさのある色。(やっぱり難しいな・・・)

アイシーカラーは日本にはあまり売っていないので、H&Mなど海外のものから探すと良いとのこと。

質問:夏の紫やピンクが好きだが、身に付けても良いか?

極論を言えば、若ければ使える。

(ここで年齢を聞かれる 「37歳です」 え!全く見えないですね!お若く見えるとよく言われませんか???→このやりとりも、後のパーソナルデザイン診断につながります)

節目は47歳。自分のPCは永遠に着られるが、47歳を過ぎるとセカンドの色は似合わなくなってくる。その場合は、自分のPCの色と組み合わせて使ったり、スカートや靴など顔から遠いところで使うのが良いとのことでした。


【コスメチェック】

パーソナルカラー診断 ウィンター

手持ちのコスメや洋服を見ていただき、わたしのパーソナルカラーに合っているかチェックしていただきました♪

普段よく使うものを持っていきましたが、紫やピンクが多いですね~笑

概ねウインター向けのものが多くてホッとしました。ラメも得意とのこと、キラキラ大好きだから嬉しい!中には色が淡くサマー向けのもの、若干の黄みがあるスプリング向けのものも少し混じっていましたが・・・使い方次第でOKですよ!と言って頂けたので、これからも好きな色使ってメイクしたいです❤アイシャドウのパレット類はパーソナルカラー混在しているものばかりでした。


【色見本帳】

ちなみに、帰りに色見本帳をいただけます❤が、たまたまウィンター用のものが在庫切れだったそうで、郵送していただけるのを待っています♪

パーソナルカラー診断 ウィンター

冬の診断用ドレープを撮らせていただきましたが、正確に写せなかったので・・・やっぱり見本帳を心待ちにしています笑


以上、長くなりましたがパーソナルカラー診断のレポでした!似合うコスメの色を知りたい方も、ここぞ!という時のため(ウェディングドレスの色成人式の振り袖の色選び)にも、パーソナルカラーを知っておいて損は無いと思います!


次回はいよいよパーソナルデザイン診断のレポをお届けします!おたのしみに!


パーソナルカラーについて思うこと。

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー・イエベ・ブルベ、という名前が独り歩きし、本来の意味ではない捉えられ方をしたり、自己診断で迷走したり・・・という例を色々見てきました。

パーソナルカラー診断というのは、その人の肌を美しく見せてくれる色かどうか、を見るものです。わたしは診断の資格を持っているわけでは無く独学ですが、過去5回ほどPC診断を受けて、それが良く分かりました。

パーソナルカラーは、肌が日焼けしているか・ピンク肌・黄み肌・・・といった実際の見た目の肌の色とは関係なくイエベなら温かみや黄みのある色で肌が綺麗に見える人ブルベなら、青味のあるひんやりした色で肌が綺麗に見える人、を指します。

よくある自己診断で、「肌は黄み/ピンクがかっている」「色白/日焼けしている」などという設問があるので混乱しやすいですが、実際にドレープ(診断用の色の布)を当てて顔色の変化を見なければ、正確にはわからないと思います。

また、パーソナルカラーに優劣は無く、ただ自分自身に似合う(肌色を綺麗に見せてくれる)色を知るための指標、と捉えるといいと思います。かといって、診断の結果だけに囚われてしまうのではなく、似合う色を知った上で、好きな色を楽しめるようになりたいな、と思っているところです^^

何を言いたいかというと、とにかく、みんな違ってみんな良い!!ということです❤

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share