みるみる小顔、1週間で効果がでる【顔ヨガ】が楽しい!

スキンケア
いいね! 12件

話題の“顔ヨガ”は、顔が引き締まり、むくみが解消、シワも薄くなるといいことずくめ。「MAQUIA」7月号に掲載中の『間々田佳子のすっきり小顔ヨガ』特集から、キュッと小顔になれるポーズを先生実演で教えます!

Image title

お話を伺ったのは……

間々田佳子先生

顔ヨガ講師。『日めくり まいにち、顔ヨガ!』(小学館)など著書多数あり、累計発行部数は40万部を突破! 顔ヨガ協会インターナショナル kaoyoga.com


顔の筋トレで表情筋を
動かし、立体的な小顔に!

 顔ヨガとはつまり、“顔の筋トレ”だと語る、間々田さん。
「顔には60種類の表情筋があるのですが、普段の生活ではただなんとなく動かしている人がほとんど。意識的に伸縮運動を繰り返すことによって、中からリンパの流れを促進して、柔軟な筋肉を作ります。カラダと同じで、動かさなければ衰えますが、鍛えればどんどん変化します」

 その小顔効果も絶大だそう!

「顔筋が引き締まると、フェイスラインもシャープに。動かすことでむくみも改善されるので、おのずと小顔に近づきます。特に目や口まわりの筋肉に働きかけることで、ほうれい線が消え、頬の位置も高く小顔に。ぜひチャレンジしてください」


What's 顔ヨガ

顔ヨガの魅力とは?

表情筋が鍛えられキュッと小顔に

会話よりメールで済ませるなど、顔を動かす機会が少ない現代人。それでは筋肉が衰えて下に落ち、シワやたるみの原因に。意識的に動かすことですっきり小顔が実現。

1週間で効果が出る!

顔の筋肉はカラダの筋肉に比べて小さいので、鍛えた効果が出やすい! 1週間続ければたいてい変化が。筋肉が個別に動かせるようになると、表情グセも改善。

肌にハリが出てシワがなくなる

「顔を大きく動かすとシワになるのでは……」と思う人も多いはず。顔ヨガは、しっかり筋肉を動かすので内側からの弾力が生まれ、肌のシワもピンと伸びます。


Let's 顔ヨガ

効果アップのポイントはこの4つ。

1 正しい姿勢で行うこと

Image title

頭蓋骨をまっすぐ上から引っ張られているようなイメージで、背筋を伸ばす。肩の力は抜き、鎖骨は自然に開いて。おへその下に軽く力を入れると安定します。


2 はじめは鏡を見ながら練習を

Image title

最初は自分の表情グセが出やすいので、正しいポーズができているか、左右対称になっているかを、鏡で確認しながら行って。手で触りながら動かすのもよい。


3 呼吸は止めずにゆっくりと

特に指示がないものは、鼻から吸って鼻から吐く「鼻呼吸」を。止めないように、自然に吸って吐いてをくり返して。


4 朝・昼・晩、いつでもどこでもトライ

朝起きて目覚めの体操に、仕事が終わり食事に行く前の切り替えに、夜寝る前のリラックスタイムに。気づいたら顔ヨガ習慣を!


1日1分!
これだけ覚えよう


 基本の小顔ヨガ

すべてやっても約1分の手軽さ! できれば1つのポーズを3〜5セットずつ行うのが理想的です。


頬のリフトアップに

おだんごロック

Image title

口が逆三角形になるよう意識して、ニッコリ笑う。親指と人差し指で輪を作り、頬にできたおだんごを持ち上げる。頬を高い位置に形状記憶。

Image title

頬と一緒に目も上がって細くなってしまうと、シワの原因に。目はぱっちりをキープして。


むくみスッキリ

くちゃくちゃぱっ

Image title

1 鼻から吸った息を口から吐きつつ、顔のパーツを中心に寄せる。できるだけくちゃくちゃに!

Image title

2 息を吐ききったら瞬時に「ぱっ!」と目と口を開いて、顔全体を伸ばす。力を抜いてリラックス。

Image title

口がすぼまらず、顔に力も入っていない。中途半端な動きでは効果がないので注意。


たるみを解消!

ひっひっひー

Image title

「ひっひっひっ」と言いながら、口を引き、首の筋をたくさん立てる。あごのたるみ、首のシワの解消に。

Image title

慣れるまで、デコルテを両手で押し上げてサポートしてもOK。力を入れずに首の筋が立ちやすくなる。

Image title

力が入りすぎて肩が上がると、首の筋がうまく立てられない。肩はいつもと同じ位置で。


MAQUIA7月号

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/広瀬あつこ 監修・モデル/間々田佳子 取材・文/野々山 幸 構成/清田恵美子(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN