一重まぶた、くすみ、派手顔のお悩みはアイシャドウで簡単リカバー!

メイクアップ
いいね! 9件

「MAQUIA」11月号で紹介中のメイクの基本をチェックして、自己流メイクから格上げ! ここでは、アイシャドウの基本をお教えします。Image title

メイクアップアーティスト

山本浩未さん

実用的で誰でもすぐに実践できるメイクテクニックや、気持ちが元気になるポジティブな美容理論が好評。


Q. 基本の塗り方ってありますか?

A. 光色と影色の2色で陰影をImage title

山本さん「光と影はすべての人に必要なの! この輝きと色の差の陰影で、目を立体的に見せます」。


1.明るい 光色 をアイホールの丸みのある部分にのせる。Image title


2. 目もとを引き締める 影色 をチップの先1/ 3に取り、二重幅ほどの太さで目のキワにON。Image title

Image title

中間色が光色。一番濃いのが影色。インテグレート ヌーディーグラデアイズ BE254 ¥1500(編集部調べ)/資生堂


Q. パレットを上手に使いこなすには?

A. 光色と影色を見極めれば簡単!

山本さん「カラフルパレットの場合、一番濃い色を影色に。影色となじむ明るい色を光色に。その他の色はアクセントやハイライトとして使って」。

Image titleモーヴ系のグラデに、シルバーがプラス。エモーショナルマルティプルアイズ EX04 ¥5500/エスト(11/7限定発売)


Q.一重まぶたにおすすめのアイシャドウの入れ方は?

A. 目尻だけ、下まぶただけ、など効かせ使いを

山本さん「アイメイクをしてもまぶたで隠れてしまいがちな一重や奥二重さんの場合、下まぶたや目尻1/ 3など、色が効く場所にメイクを」。


【次ページをチェック!】派手顔さん、くすみが目立つ人のアイシャドウ選びのコツは?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN