小顔メイクを目指す前に!【縦長・横長・求心・遠心】あなたの顔はどのタイプ?

メイクアップ
いいね! 2件

小顔メイクの真髄は余白を埋めることにあり! まずは「MAQUIA」5月号に掲載中の顔タイプCheckであなたの顔タイプをチェック。

Image title

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト
中山友恵さん

Three PEACE所属。効かせポイントをしっかり抑えた今っぽくて可愛いメイクが得意。ティーン誌からOL誌まで幅広い年代の指示を受ける。


光、影、立体を意識して
ナチュラルな小顔が完成

「小顔メイクは顔の余白をどうやって埋めるかが重要。そのためにも、まずは自分の顔のどこに余白があるのかを見極めることが大切」と教えてくれた中山さん。顔の余白を見極めるポイントは顔型と、目や鼻、口などのパーツの配置(バランス)。
「丸顔に代表されるような横長顔はサイドの余白が大顔の原因です。一方、面長などの縦長顔は上下の余白が大顔印象を高めます。これに加えて、顔の中心にパーツが寄った求心タイプはフェイスラインなど外側の余白が目立ちやすく、逆にパーツが外側に寄った遠心タイプは、頬など顔の中心部の余白が目立つ傾向に」
 顔の形とパーツの配置によって現れる余白を、光と影でコントロールするのが小顔メイクのセオリー。
「横長タイプは顔のサイド、縦長タイプは額とあごをシェーディングして小さく見せるのが基本です。さらに求心タイプは、パーツを外へ広げるよう顔の中心に光となるハイライトをのせ、反対に遠心タイプはパーツを中央に寄せるよう、内側に影色を仕込むなどして余白を埋めていきます。ただ、顔は平面ではないのでまつ毛や眉毛の密度を高めたり、ツヤを重ねたり、厚みや高さといった“立体感”を意識することも小顔には有効。光と影と立体感の3要素を効かせると小顔印象はもちろん、強い印象を和らげたり、柔らかさをキリッとさせるなど印象操作も叶います」


あなたの顔はどのタイプ?
まずは自分の顔をチェックしよう!


Image title

Image title

顔のサイドを埋めて
各パーツを外方向に広げるのがコツ

丸みのある輪郭にパーツがぎゅっと凝縮された「横長×求心タイプ」は、顔のサイドをどうカモフラージュするかが最重要課題。また、可愛らしく丸みのあるパーツの場合、目や眉に「ライン感」を意識してメイクするとシャープで、すっきりとした印象が強まる。顔まわりの余白埋め&ライン感が成功の秘訣。


Image title

Image title

顔のサイドを締めて
中央に影色を使い彫り深さを高める

顔の横幅があり、目と目の間が離れた「横長×遠心タイプ」は、今どきのおしゃれ顔に多いタイプ。華やかな印象のためパーツを広げるよりも、顔の“面”に立体感をつけることで自然なメリハリ顔に。特に目と目の間に距離があるため、ノーズシャドウなど鼻まわりの立体感を味方につけることがポイント。


Image title

Image title

影色で輪郭を縮めて
顔の中心に光を差し込み柔らかさアップ

面長でパーツが中心に寄っているため、シャープな印象に見えがちなのが「縦長×求心タイプ」。パーツの配置に合わせて輪郭をひと回り縮小することが基本。さらに顔の中心部分にハイライトを使い、各パーツを外に広げて見せることで印象を和らげつつ、余白をカモフラージュすることが小顔成功のカギ。


Image title

Image title

影色で上下を埋めて
目元&口元の立体強調で華やか印象に

細長い顔立ちで目と目の間に距離があるため、落ち着いた印象を与えるのが「縦長×遠心タイプ」の特徴。面積の広いTゾーンとUゾーンをシェーディングで補正しながら、血色感やパーツを広げて見せるメイクで華やかさをプラス。そうすることで小顔&フレッシュな印象をアップさせることが可能に!


MAQUIA5月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/西野メンコ  モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 林田岬優 Atsuko 辻元 舞 構成・文/畑中美香 企画/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN