人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

左右非対称なガタガタ眉の「描きました感」を払拭! 玉村麻衣子さんのナチュ眉づくりをレクチャー

メイクアップ

メイクパーツの中で、最もハードルが高いとされる眉。まさに、この眉次第で顔は劇変します。今回は、悩める読者の眉を、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんがわかりやすい簡単テクニックで一気に解決!

Image title

国内大手化粧品会社でのメイク・エステ講師、美容ライターを経て、“美眉アドバイザー”に。セミナーや雑誌の眉企画の監修などで活躍。アイブロウの技術者資格「ブロウティスト(R)」を保有。


Image title

マキア公式ブロガー Annaさん

「左右で形も高さも違うアンバランス眉。左右を揃えようと頑張るあまり、描きました感アリアリな眉になってしまいます。ナチュラルさに欠け、どこかきつい印象に見えてしまうのも悩み」


 セルフ眉→玉村眉メイクでこう変わる! 

Image title

「Annaさんの場合、眉メイクで大切な“ぼかし”ができていないのが、ナチュラルにならない原因。しっかりぼかせば、多少太めに描いた眉でもキツく見えることはありません。ちなみに、左右非対称な場合は、自信があるほうの眉から描くのが正解」(玉村さん)


 お直しプロセス>> 
Image title

【すっぴん眉】高さも太さも眉山の位置も左右で違うアンバランス眉。眉頭の毛をカットしているので、メリハリがない直線的な形になっている。

Image title

1.自信があるほうの眉からセオリー通りに眉山〜眉尻を描く(Annaさんの場合は右から)。右眉の眉山〜眉尻をAのペンシルで描いたら、それに高さと眉尻の位置を合わせて左を描く。

Image title

2.続いて、自信があるほうの眉を眉頭の手前から1で描いた眉山につなげるようにCのパウダーで描く。パウダーもペンシルと同様に右の眉を描いたら、左の眉へ。しっかり鏡を見て、高さを揃えながら描き進める。

Image title

3.最後は眉頭。Bのブラシにパウダーを取り、約70度の角度でスタンプを押すように眉頭に置き、眉尻に向かってスライドさせて色をのせる。さらに、スクリューブラシで鼻方向へ数回軽くぼかせば完成。ブラシ幅は眉頭より少し狭めのものを選ぶのがコツです。

Image title

Image title


 使用したプチプラコスメはこちら! 

Image title

1.5mmの細芯なのに柔らかな使い心地で眉尻まで自然に描けるペンシル。スクリューブラシ付き。ヴィセ リシェ アイブロウペンシルS BR300 ¥540(編集部調べ)※2019年7月16日発売/コーセー 大きめ&幅広で適度なコシがあるスマッジブラシと、繊細に描ける斜め平筆のダブルエンド。ダブルエンドアイブロウブラシ スマッジタイプ ¥680/ロージーローザ やさしい印象に仕上げる、ノーズシャドウ入りイエロー系ブラウン。Wエンドのブラシ・チップ付き! キャンメイク ミックスアイブロウ 06 ¥600/井田ラボラトリーズ


▼このテクニックをワンポイント解説!


撮影/アベユキへ ヘア&メイク/相馬久美子、玉村麻衣子(眉) 取材・文/靍田由香 動画制作/zona 企画/佐藤 陽(MAQUIA ONLINE)

アイブロウの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN