チークの存在感は控えて! 唇に血色感を出すのが旬顔ルールです

メイクアップ
いいね! 0件

気になる肌悩みをカムフラージュできるのもチークの偉いところ。でも悩みが隠れるくらい濃く入れると、チークが単独主演の古い顔に。「MAQUIA」12月号では、EYEとLIPが主役の今秋顔&美肌をつくるチークメイクをご紹介中。色だけに頼らずに、くすみやクマなどの影はツヤで飛ばし、シミは色でカバーする演出が成功のカギです!Image title

ほのピンクの肌で顔色よく!

“素肌にちゃんと血色がある人”になる

薄ピンクのニュアンスを頬に幅広く纏わせて、肌自体がイキイキとピンクみを帯びているようなイメージに。遠目で見たときに色を感じさせないくらいが今の正解! あとは唇を血色カラーで染めればリップが主役の旬顔に。


肌に溶け込む温もり感あるローズピンクImage title

女性らしく柔らかなピンクとローズ、ホワイティピンクの調和で華肌に。ブラシ付き。ルナソル カラーリングチークス(グロウ) EX01¥3500/カネボウ化粧品(11月13日限定発売)

Image title

 透明感が高く、内からにじむ血色感を演出。ジュ コントゥラスト 270 ¥5500/シャネル


Image title

 見たままの色がマットに発色。きめ細かく柔らかな肌に見せてくれる。パウダーブラッシュ ピンチ オー ピーチ ¥3200/M・A・C


【次ページをチェック!】最旬のほんのり血色チークの入れ方はコチラ!>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN