【美肌への近道】チークカラー&ハイライトの2色使いで肌悩みをカバー!

メイクアップ
いいね! 2件

春夏は目の下あたりにじゅわっと広がる、色っぽ可愛い血色チークが人気だったけど、この秋冬はぐっと洗練された大人っぽいムードへ。「MAQUIA」12月号では、チークの存在感を控え、肌そのものがほんのりピンク色に染まっているように仕立てる最旬のバランスを提案中。この秋はチークを使いこなして、生まれながらの血色美人を演じましょう!Image title

2色使いだからこそナチュラルに

チーク単色で気になる肌悩みすべてを隠そうとすると、おのずと濃いチークに……。だから、シミや赤みが点在する頬骨上には色を、くすみやクマが気になる目の下には光をのせることで、チーク薄めでも美肌に見せられます。


2つの美肌色ヴェールで頬を華やかに彩る

Image title

A 内側にシルバーとゴールド、レッドパールが溶け合い、外側にシルバーパールのパウダーが。ブラシ付き。エレガンス ブリス オーラ PK101 ¥7000/エレガンス コスメティックス


Image title

 B華やかな血色感を宿すチークカラーと、毛穴やキメの乱れをふんわりとカバーするフェイスパウダーがひとつに。チーク & フェイスカラー EX-02 ¥¥7000/SUQQU(限定品)

Image titleC温もり感あるバラ色の頬に。ミックスド フェイスカラーローズ ラデュレ 103 ¥7000、リミテッド エディション ポット フォー フェイスカラー ローズ ラデュレ ¥3000/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(11月6日限定発売)


【次ページをチェック!】2色チークの使い分け方をチェック!>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN