恋を引き寄せる女の生き様! 豪華絢爛な世界観にうっとり♡ 『ヴェルサイユの宮廷庭師』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 1件

人には言えない過去を抱え、時代や慣習に翻弄されるヒロインたちの運命の恋を引き寄せるたくましさを描いた作品をご紹介。フィクションだからこそ描くことができたロマンチックなストーリー、そして美しい世界観にも注目です!


17世紀フランスの華麗な

世界を背景に描いた

勇敢なヒロインの現代的な恋

Image title

★今回のおすすめ新作映画★

『ヴェルサイユの宮廷庭師』

監督/アラン・カミング 出演/ケイト・ウィンスレット、マティアス・スーナールツ、スタンリー・トゥッチ、ヘレン・マックロリー、ジェニファー・イーリー、アラン・カミング 公開/10月10日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー  配給:KADOKAWA ©BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014.

<ストーリー>

舞台は1982年のフランス。過去に傷を負いひとりで暮らすサビーヌ・ド・バラ(ケイト・ウィンスレット)は、造園家という天職を得て日々を送っていた。ある日国王ルイ14世(アラン・リックマン)が造営するヴェルサイユ王宮の庭園建設への参加を求める書状を受け取った彼女は、庭園建設の責任者ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)の面談へと向かう。


斬新なアイデアから

生まれた

働く女性のドラマ

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

現在もヴェルサイユ宮殿に実在する“舞踏の間”が、「実は女性造園家によって作られたものだとしたら…?」という斬新なアイデアをベースに、庭園の設計に携わった名もなき庭師の奮闘と愛を描いたドラマです。師匠にその才能を見いだされ、宮廷に生きる女性たちや国王ルイ14世までをも魅了し、身分を越えて信頼を勝ち取っていくヒロインのドラマは、まるで現代女性の生き様を見ているよう! 男性ばかりが集るコンペでなめられないようド派手な帽子を被って武装する姿は、働く女性なら誰もがクスッと笑い、共感してしまうはずです。


ヒロインが教えてくれる

男社会で生き抜く術とは?>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN