人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

小顔も美肌も免疫力UPも叶う!? 話題の“舌トレ”メソッドを大公開!

その他美容

「MAQUIA」10月号では、歯科医の関 有美子さん考案の「小顔舌トレ」をご紹介。簡単プロセスで、小顔のみならず美肌も血色感も手に入るアプローチに注目です!

Image title

歯科医/関 有美子先生 直伝

小顔も美肌も血色感も
小顔舌トレで手に入れる

真の小顔を目指すなら、鍛えるべきはズバリ“舌”。さまざまな美容効果に加えて健康効果も得られる、歯科医考案の欲張りエクササイズ「舌トレ」をご紹介します。


歯科医
関 有美子先生

歯科医として勤務する傍ら、女性誌やTVなど幅広いメディアで活躍。著書に『歯科医が教える即効1秒小顔』(主婦と生活社)など。


顔の土台をしっかり鍛えて
エイジレスな小顔をキープ

口周りを活用する手軽なエクササイズで小顔に導く“舌トレ”。一般的な小顔メソッドが顔の表面を鍛えるのに対し、舌トレはインナーマッスル。喉の奥にある舌骨を囲む筋肉群“舌骨筋”を中心に鍛えます。

「表面だけ鍛えても効果は一時的。インナーマッスルと表層筋をダブルで鍛えて顔の土台をしっかり強化すると、リバウンドしない小顔が手に入ります」(関有美子先生)

また、血行促進によるエイジングケア効果や、唾液分泌による免疫力のUPなど、小顔以外にも多くの効用が得られる点も舌トレの魅力。

「とはいえ、舌が疲れるまで行うのはNG。1日1セットから始め、慣れてきたら朝昼晩の3セットに増やして。インナーマッスルは効果がジワジワ現れるため、1カ月ほど続けると輪郭や横顔の変化を感じるはず」


舌トレでこんな効果が!

フェイスラインが引き締まる

舌骨筋の強化によって血行が促進され、余計な脂肪や老廃物をスッキリ排出。たるみ&むくみ知らずの輪郭に。


口臭予防に!

唾液が減ると口内が酸性に偏り、菌が増えてにおいの原因に。舌トレで唾液を分泌させると中性に戻るため、口臭予防に◎。


免疫力Up

唾液は免疫力を高める成分を含むため、舌トレで分泌を促すことでウイルスに強い体に。虫歯や歯周病リスクの軽減も。


ほうれい線がうすく!

頬に存在する脂肪の下垂がほうれい線の要因。脂肪を内側から支える頬筋を舌トレで鍛えれば、重力に負けない頬が実現。


血色感もUP!

喉奥にある深層筋を鍛えると、顔に繋がる血管のポンプ機能がUP。血流が促進され、くすみのないイキイキした顔色に。


美肌を叶える

唾液に含まれるパロチンは、エイジングケアに有効といわれる成分。唾液を増やす舌トレで、健やかな美肌作りをサポート!


Let's TRY!

1/3

2/3

3/3

まずは準備運動

「あー」っと1秒で食いしばりをリセット

口角を上げて「あ」の形に開き、1秒間ストレッチ。上下の歯を離して筋肉を緩め、食いしばりグセの解消を。

基本の舌トレーニング

ニコニコ顔エクサ

舌を上あごにつけて「ら」の口を作り、ニコッと口角を上げる。舌先が前歯の裏につくように意識すること。



口角をキープし、舌を上あごにつけたまま下あごだけ5回上下させる。顔全体の筋肉に効き、小顔効果大!


MAQUIA10月号

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/清水美和 スタイリスト/立石和代 モデル/福吉真璃奈(マキアビューティズ) 取材・文/真島絵麻里 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

小顔の記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN