人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

泉 里香さんの “ナミBODY”の秘訣は? 自宅エクササイズ&簡単ボディケアを大公開

ボディ

「MAQUIA」7月号では、“ナミBODY”で話題の泉里香さんにインタビュー。自宅で行っているというボディケアを教えていただきました! 

Image title


RIKA IZUMI
いずみ りか●1988年10月11日生まれ、京都府出身。『Oggi』『with』の他、多数の美容誌などで活躍。現在、コカコーラ『リアルゴールド』のCMがオンエア中。公式インスタグラムはrika_izumi_


Image title

洗いざらいぜーんぶ教えます!
“ナミBODY”のための
秘密のボディケア

ジム通いに加え、家では柔軟やむくみケア、保湿を重点的に。
“見た目すっきり、触るとモチモチ”な体を目指します。


1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

顔のむくみとさよならするには、首のリンパマッサージが効果的。フェイスラインが一気にすっきり。


グリグリ&流せば顔もすっきり
「まずは手をグーにして、耳の後ろのリンパをグリグリとほぐします。その後、指で耳後ろから鎖骨にかけてやさしくなでるようにすると、老廃物の通りがよくなって、顔のむくみが軽減されるみたい」

基本的に手足はジムで器具を使ってトレーニングを行うことが多いパーツ。家で行うのは、ほぐしと軽い引き締めを中心に。


脇のリンパをしっかりほぐす
「全身の巡りをよくするために、腕の付け根にある脇のリンパの詰まりをマッサージで解消! 肌のすべりをよくするために、オイルをつけてから行うことが多いですね」


Image title

ペットボトルを持ち腕を後ろに引き上げ
「二の腕の引き締めには、軽いダンベルやペットボトルを持ち、腕を後ろに引くトレーニングが効きます。ひじを伸ばして、まっすぐ後ろに引き上げるのがポイント。10回×3セットくらいを目安に」

理想の形になるまで時間がかかる脚は、湯船の中でも、お風呂上がりにも時間をかけてマッサージする部位。しなやかで締まった脚が目標!


かかとをくっつけてつま先立ち
「もも、ふくらはぎに効くのがつま先立ち。足先を外に向け、両かかとをつけて立ち、全身を引き上げるようにしてつま先立ちを。お尻の引き締めにも効果があります」


Image title

足首とふくらはぎはマッサージで老廃物を流す
「肌をなめらかにする植物エキスが配合されたボディオイルをつけ、よくほぐします。ふくらはぎは下から上へ、足首はグルグル回すように。手の指で足指を広げながら行うのがポイント」


Image title

A 脂肪分解を促すピンクペッパーを従来の2倍配合。全身のセルライトケアに。ロルロゼ ブリリアント ボディオイル 100ml ¥5000/メルヴィータジャポン B 植物オイルの力でザラつきのないなめらかでハリのある素肌が実現。ホワイトバーチ ボディオイル 100ml ¥3800/ヴェレダ・ジャパン

バスト

くびれと同様、体作りで大切にしているのが、ハリとしっとり感双方を持つ肌。特に女らしさの象徴となるバストは念入りに質感ケアを。


ケアアイテムは朝晩使い分けます
「朝はリフトアップジェル、夜はふっくらバストを目指す乳液を」A ジェル ビュスト タンサール 50ml ¥7000、B レ ビュスト エパヌイッサン 50g ¥7000/クラランス

ヒップ

丸みがあってキュッと上がったヒップは、全女性の憧れ。「普段はジムで追い込む」というお尻は、気になったら脚上げで簡単にケア。


脚を後ろに引き上げヒップUP
「肩幅くらいに両足を開いて立ち、上体を起こしたまま片方ずつまっすぐ後ろに引き上げます。壁などに手をついて体を支えながら行うとスムーズ。左右10回ずつ行って」

「歩き方」「座り方」も重要!

歩くときはひざを曲げない
「ひざを曲げず、脚をまっすぐにしたまま歩くと、自然とお腹とヒップが引き締まった印象に。姿勢よく、腕を振るとさらに効果上昇」


Image title

座るときはとにかく浅く
「ウエストがゆるまないよう、座り方にも気を配って。姿勢よくするコツは、とにかく浅く座ること。必然的に背筋が伸びますよ」


MAQUIA7月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) ヘア&メイク/高橋里帆〈Happy Star〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 取材・文/栗田瑞穂 構成/若菜遊子(MAQUIA) 撮影協力/プロップス ナウ

【MAQUIA7月号☆好評発売中】

泉 里香さんの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN