【運動ナシ! 食事制限ナシ】ダイエットを卒業できるレシピ

ボディ
いいね! 1件

「MAQUIA」10月号では、食欲コンサルタント 村山彩さんが“ダイエット卒業レシピ”を紹介中。「正しい食欲」と運動でムリなく体重を落として、健康的な体を作りましょう!Image title

食欲コンサルタント

村山 彩さん

日本初のアスリートフードマイスターと野菜ソムリエの資格を持ち、正しい食欲に戻す体へ導く専門家。自身もアスリートとして活躍。食べても太らずにヘルシーに生きる秘訣がつまった著書が大人気。『あなたは半年前に食べたものでできている』『同 実践編 食欲コントロールバイブル』(サンマーク出版)


ダイエットを卒業するために知っておきたい7つのこと


1. 「食べるものを意識する」習慣をつける

あなたの心身すべては食べたものでできています。昨日食べたものが思い出せない。まずはそんな無意識な食生活から脱出を。


2. おなかがすいたら食べる

食欲センサーを正しく働かせるためには、空腹を感じてから食べること。朝起きたらおなかがすいていて、「おなかがすいたと思ったら昼だった」が理想。


3. 汗ばむくらいの運動をする

運動は体の掃除に有効な手段。停滞しているものがあると、本当に必要なものがわからなくなります。まずは20分くらいの運動から。


4. 我慢がともなうダイエットをしない

我慢という名のストレスは刺激物を欲し、結局我慢できずにリバウンドを生みます。カロリー制限も栄養のバランスが悪いと逆効果。


5. おいしいと感じるものを食べる

「あれはダメ」「これはいい」とジャッジしたり、ストレス解消のために食べるのは、間違った食欲センサーの思うツボです。


6. 量を減らすのではなく食べすぎない

必要なのはカロリー制限ではなく、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン・ミネラルのバランス。量ではなく質です。単品ダイエットも村山式の辞書にはなし。


7. 「痩せる」ことより「太らない」体づくり

食欲コントロールの目的は、太らない体づくり。結果、自然にサイズダウンしていく体に。太る体のまま痩せてもそれは一時的。リバウンドが待っています。


罪悪感は必要なし。1日3食おいしく食べる

村山さん「私自身、カロリーコントロールで、一時的には痩せられる体験を何度もしてきました。でも必ずリバウンド。冷静に考えれば、食欲は“欲”。食べたいのに食べちゃいけないは、ストレス以外の何ものでもありません。うまくいくはずがないんです。結局、ストレス解消のために刺激物が欲しくなり、甘いものやジャンクフードに手が伸びる……。でもこれは本当に体が必要としている欲求ではありません。センサーが鈍って、とにかく食べたい!という欲しか感知できなくなってしまった状態です。

私がお伝えしている村山式食欲コントロールの方程式は、そんな鈍ったセンサーを正常に戻すメソッド。体が欲するものが食べたくなり、オートマチックで太らない体ができあがっていきます。 まずはトライアルから。『20分以上の体が汗ばむ運動』+『ここで紹介するレシピを2食続ける』を、2週間のうちに3回やってください。運動はウォーキングからスタート。2食続けるのは正しい食事を体に覚えてもらうため。お料理好きには『簡単すぎてゴメンなさい』レシピですが、食欲の中身の変化に気づけるはずです」。


【村山食堂のオキテ】

OK

•手に入りやすい材料を使う

•1にも2にも簡単なレシピ

•素材の形を残して大きく切る

•味付けは極力シンプルに

•薬味やトッピングで栄養価を上げる

•お肉も炭水化物もOK


NG

•単食を避ける

•油の使用は1品以下

•手間をかけすぎない


【次ページをチェック】食事の見直しがダイエット成功への近道!栄養満点の完全食とは?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN