内臓ストレッチで巡りアップ! 座ったままできる 【もぞもぞ体操】

ボディ
いいね! 2件

「MAQUIA」12月号では、歪んだ姿勢で圧迫され、下がってしまった内臓を、ストレッチで元の位置に戻すストレッチを紹介中。巡りをよくするもぞもぞ体操を組み合わせれば、むくみが解消して美くびれに! Image title

整体師

片平悦子さん

一般社団法人日本パーフェクト整体普及協会代表。5万人を超える施術から、独自の技術を開拓。整体のプロに指導を行う。


『3分間「内臓ストレッチ」で疲れないカラダをつくる』

職場でも簡単にできる、座ったままでOKな内臓のストレッチが満載。見た目が若返ると評判に。¥1400/KADOKAWA


内臓下がりタイプチェック!

□耳鳴りや、車酔いがひどい

□朝、起きるのが辛い

□生理痛が重め

□よく胃もたれする

□呼吸が浅め


内臓の位置と体液の循環を整えて美ボディに

整体師の片平悦子さんが提案する内臓のストレッチは、内臓を正しい位置に戻すことが目的。

「現代人はデスクワークなどで姿勢が固まりがち。すると筋肉が強ばって姿勢が歪み、内臓が圧迫されズレてしまうのです。圧迫されると血液やリンパの流れが滞り、代謝が悪化。その結果、むくんで太りやすくなり、ウエストのメリハリもなくなってしまいます」

 ストレッチをすることで内臓の位置を正しく戻せば、体内の巡りが改善。代謝が上がって痩せやすい体質になるうえ、内臓から健康になれるという。

「内臓のストレッチは、骨盤の中の仙骨をゆるませる“もぞもぞ体操”とセットにするとより効果的です。体液をコントロールして循環をよくするので、むくみの改善にも役立ちますよ」。


もぞもぞ体操

骨盤の一部である仙骨をもぞもぞ動かすことで、脳脊髄液の量や巡りをコントロール。全身の巡りをよくして、むくみ知らずのスリムボディを目指そう!


1. 椅子に腰掛けて足裏を床につけるImage title

椅子に浅く掛け背筋を伸ばし、両手を腰に添える。膝を直角に曲げて、揃えた状態で両足裏を床につける。顔は真っすぐ前を見て。


2. 左右のかかとを交互に上げ下げImage title

左右の足のかかとを、交互にゆっくり5回ずつ上げ下げ。高さは1㎝ほど。上半身は動かさない。腰骨が動くのを、両手で確認。


3. あごを上げて天井を見るImage title

足裏を床につけ、4~5秒かけて、あごを斜め45度に上げる。目線も上へ。天井が見えたら、あごを戻す。この動きは1回でOK。


4. 両足を揃えて足先だけを動かす

(メイン画像)

かかとを床につけたまま、つま先だけを浮かして左右に動かす。約3㎝広げたら戻るを繰り返して5往復。終わったら、再度2に。


脳脊髄液って?

⇒リンパと合流して全身を巡る体液Image title

脳や脊髄を守る液体のことで、リンパや静脈と合流する。仙骨を動かすと、背骨を伝って、脳脊髄液のポンプである頭の骨(後頭骨)を刺激。脳脊髄液やリンパなど、体液を調整できる。


MAQUIA12月号

撮影/藤澤由加 石澤真実(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 新見千晶 野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/福永いずみ  モデル/佐原モニカ 取材・文/風間裕美子 高見沢里子 構成/火箱奈央(MAQUIA) 撮影協力/アワビーズ


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

★痛キモ【ドレナージュ】でぽっこり腹、むくみ、肩こりすべて解消!≫≫


お腹、二の腕、背中のハミ肉…【パーツも全身も!美ボディ変身エクササイズ】≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN