体の毒素をすっきりデトックス♪ 朝の白湯で1日をスタート

ボディ
いいね! 0件

目覚めてすぐ飲むのにおすすめなのが白湯。今回「MAQUIA」8月号からご紹介するアーユルヴェーダ式の白湯の飲み方なら、冷えを改善して免疫力を上げるうえ、胃腸の消化力を高めて、体内の毒素を排出する効果大。夏も冷たい飲み物でなく白湯飲みを習慣にして、夏バテを撃退!

Image title

お話を聞いたのは、医学博士 蓮村 誠先生。マハリシ南青山プライムクリニック院長で、日本のアーユルヴェーダ医療の第一人者。普段の生活に手軽に取り入れられるアーユルヴェーダの指導でも人気の先生に、白湯の飲み方のポイントを教えてもらいました!


Image title


<白湯の飲み方>


・沸かしたてを少しずつすするように飲む。

・朝目覚めに1杯、昼食中と夕食中1杯が基本。

・1日に飲む量は700〜800㎖が目安。

・沸かし直すと白湯のバランスが崩れるのでNG。



<白湯の作り方>

Image title


1.換気扇を回しながら強火でお湯を沸かす

やかんに水を入れる。浄水器を通した水がおすすめ。強火にかけて、換気扇を回し、沸騰したらフタを取って湯気が上がるようにし、大きな泡が立つ程度の火加減にして10〜15分沸かす。


Image title

2.カップに注ぎ飲める程度に冷ます

沸いたら白湯をカップに注いで、飲める程度に冷ましたら飲む。冷まし過ぎず、熱いものを飲むこと。残りは保温ポットなどに入れておき、その日のうちに飲めばOK。



飲み方&作り方の基本を覚えたら次は応用編!

【次ページをチェック】症状別!白湯の簡単アレンジレシピ♪≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN