乳がんから自分を守るために、今できることは?

ボディ
いいね! 0件

若い年代でも、そして閉経後の高齢者もかかる人が増えている乳がん。


早期発見にはやはり乳がん検診が大切と言われます。でも、実際にはどうすればいいのでしょう? 乳腺の専門医で乳がんの知識や検診の普及に長年尽力している「ピンクリボンブレストケアクリニック表参道」院長、島田菜穂子先生が答えてくれます。


--乳がん検診40代になったらやればいいと聞きましたが?


「いえいえ。20代でも30代でも受けてほしい人がいます。先に述べたように家族歴や女性ホルモン剤の使用歴など、ひとりひとり乳がんのリスクは違うのですから、必要な検査もひとりずつ違うんです。ピンクリボンキャンペーンの認知度が高くなり、乳がん検診受診率も上がったといわれますが、実はまだ30数%。受ける人の数はあまりにも少ないのが現実。諸外国に比べると、日本の乳がん検診受診率がいかに低いかがわかります」


Image title

島田先生が提案するガイドラインは…

▼20代でも検診を受けてほしい人

・家族、兄弟姉妹、伯父叔母、いとこなど2名以上が特に閉経前に乳がんや卵巣がんにかかったことがある人

・家族歴はなくてもピルを長期間使用したことがある人

・家族歴はなくても長期にわたって不妊治療をした人

(家族に遺伝性がんの人がいる場合、20代でも半年~1年に一度は、医師による視触診や適切な画像診断を受けることをおすすめ)


▼30代半ばで検診を受けてほしい人

・女性全員

(発見される乳がんの大きさの平均は2cm前後のしこり。2cmになるまでには約10年。そして現在もっとも乳がん発症が判明する年代は40代半ば、ということからすると、30代半ばでがん細胞が発生する人が多くいるということ。30代半ばから定期的な検診を受けることをおすすめ)



【次のページもチェック!】乳がん検診の内容は?



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN