人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

安室奈美恵さんが広告モデルに!【プチプラ】ヴィセの新リキッドアイライナー「リシェ カラーインパクト リキッドライナー」

メイクアップ

描きやすくて、にじみにくい!先日発売されたばかりの【プチプラ】Visee(ヴィセ)リキッドアイライナーが優秀!


Image title

ヴィセ / リシェ カラーインパクト リキッドライナー

BR340 ブラウン・BR341 ライトブラウン

0.4ml・1,000円(+税)


全8色 (うち限定2色)。

定番ブラック、ブラウンの他、ピンク、ブルー、レッド、限定でオレンジとグリーンの色展開。


私はちょうど使っていたもの(ブラウン)がかすれて描きにくくなっていたので、まず定番ブラウン系2色をゲット!(私的にリキッドアイライナーは目尻の跳ね上げラインがかすれて描きにくくなったら買い替え時です。)


後日レッドも購入検討中♪プチプラ(1,000円(+税))なので、今まで使ったことのないカラーも気軽にトライできます。

Image title


ところで、

このアイライナーの広告モデルがなんと、安室奈美恵さん!

ドラッグストアで広告ポスターを見つけたときは、ピンクのアイラインを効かせたメイクの大人可愛い安室ちゃんに釘づけに…。

そして、とても懐かしくなりました。。

約20年前、私はちょうど高校〜大学生でメイクを始めた頃、

当時ヴィセの広告モデルをしていた安室ちゃんに憧れて、彼女がCMしていたアイテムを一通り購入しました(笑)ブルーのアイライナー、アイシャドウにマスカラ、ブラウンリップ…今思えば自分には全く似合ってませんでしたが…(汗)

当時のメイクや広告が、こちらの特別サイトにてチェックできます。

→ NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST Project|コーセー[公式]「みんな、あなたになりたかった」

確実に私もその一人でした。



アイライナーの話に戻り、


適度にコシのある筆は、目尻の跳ね上げラインもスッと描きやすいです。

Image title


そして、にじみにくい!

まつ毛の間埋めにも(粘膜部分にかかるラインまで)使っていますが、落ちてきません。




<BR340 ブラウン・BR341 ライトブラウン の色の違い> がこちら。↓


それぞれ2本ラインを描いています。上が一度描き、下が2度(重ね)描き。

Image title


ブラウンは、黒に近いこげ茶。

ライトブラウンは、赤みを感じる茶。


商品説明に「透ける水彩タッチで」とある通り、一度描きでは淡く、重ねるごとに濃く発色します。


今まで使ってきたリキッドアイライナーと比べると液が少々水っぽいのですが、乾きが早いため、描いた瞬間小ジワに液が流れ込んでにじむ…ということは起こりませんでした。


↓ 左:ブラウン、右:ライトブラウン 使用。

Image title

(アイシャドウ、マスカラは同じ。コスメデコルテ「コントゥアリングアイシャドウ014」、キャンメイク「クイックラッシュカーラーbk」、ファシオ「パワフルカールマスカラ EX ロング BR」)


ブラウンは、ラインの存在感が際立ち、キリッとインパクトのある目元に。

ライトブラウンは、ラインの存在感を残しつつも、柔らかな印象の目元に。


より鮮明なラインを描きたい方にはブラウンがおすすめですが、

個人的には、ライトブラウンの淡すぎず濃すぎない絶妙発色がとても気に入りました。

マスカラがブラックではなく、ブラウンを使っているので、よりマスカラの色みに近いライトブラウンのほうがしっくりくるのかも。




<手持ちの他ブランド “ブラウン”リキッドアイライナーと色比較>


Image title

・モテライナーリキッド Br(ブラウン)

・ジルスチュアート キトゥンアイズライナー 02(プラムブラウン)

を描き足して比較しています。


こちらも、それぞれ2本ラインを引いています。上が一度描き、下が2度(重ね)描き。

Image title

※モテライナー、ジルスチュアートは、使い古した(現在メイクには使っていない)もののため、多少変色、かすれ有り。


それぞれ、発色の特徴を一言で表すと…

モテライナー → 一度描きでも鮮明に、マットな発色。

ジルスチュアート → 本物のまつ毛のようなツヤ感のある発色。

ヴィセ → 水彩タッチで濃淡調整可能、透け感のある発色。


色み

茶 → こげ茶(黒に近い)

ヴィセ(ライトブラウン)→ ジルスチュアート → モテライナー → ヴィセ(ブラウン)



ところで、ジルスチュアートとヴィセの見た目(形状、筆部分も)全く同じで!

どちらもコーセーのブランドの商品なので、同じ工場で同じように作られているのかも。

ただ中身の液がさすがに違い、ヴィセのほうが水っぽく、ジルスチュアートのほうが粘度があり、

よって描いた瞬間小ジワへの液の流れ込み(にじみ)にくいのは、ジルスチュアートのほうだと感じました。(→ジルのほうが価格が高いのが理解できました。)




ヴィセのライトブラウンが他ブランドをみても今まで無かった色みで、私としてはリピ間違いなし!


最近使ったリキッドアイライナーの中では最もお手頃、1,000円(+税)というプチプラ価格のわりに、よく出来ていると感じた一品。おすすめです!







★インスタやってます!★

Please follow me♪@aconeko https://www.instagram.com/aconeko/






RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN