影クマもカバー!名品ラディアントタッチがやっぱりスゴイ!【限定フラゲ】

メイクアップ
いいね! 8件

何本リピートしているか分からない(私の中でも)殿堂入りアイテム。

1992年発売だから、来年で四半世紀になるんですね。

Image title

イヴ・サンローラン ラディアント タッチ コレクター 5400円(込)


言わずと知れた名品ラディアント タッチNOEL LOOK 2016 限定バージョン。

全国発売は10/28(金)ですが、阪急うめだ本店でフライングゲットしてまいりました!

(オンラインショップでも発売中。→こちら


去年買ったラディアント タッチ ルミエルディバインと同じ、キラキラパッケージです。(→去年の記事はこちら。)

Image title

ルミエルディバインはパール入りでしたが、それと同処方の商品が、ラディアント タッチ スパークライザーとして、NOEL LOOK 2016にもラインナップ。

でも、今年はパールなしが欲しくてこちらにしました。


コンパクトな筆ペンタイプで、眉周りや口周り、小鼻のキワ、法令線、鼻筋など、細くライン状に載せたいときに、とっても便利。

Image title


カラーは、ずっと使っている標準色の#2 ルミナスアイボリー

ラディアントタッチ自体は6色展開ですが、限定パッケージは標準色のみ。)

こんな感じで、あくまで自然に肌に明るさを加えるアイテムです。

mami先生も、美容塾でおっしゃっていましたが、ラディアント タッチはハイライターというよりは、イルミネーター。

→『ついに開講!リアルmamiの美容塾!【シェーディング編】


マイナスをゼロにするためのアイテムで、影クマのカバーに最適!


左の写真では、クマ部分をボビイ ブラウンクリーミーコンシーラーでカバーしてます。

これで青グマ・茶グマは隠れるけど、たるみによる影クマまではムリ。

それが、ラディアント タッチを塗ると、、、

Image title

かなりマシに!!

(なお写真は、自然光の中、ルミックスのiAモードで撮影した加工ナシのもの。正直、スマホで撮った写真は、目の下がヒドイ場合、美肌加工に加え、アプリでクマ消し。それくらいヤバイんです。。)


クマ部分は、YSLカウンターだとかなり大胆に塗りたくって下さいますが、私の場合、それだとどうしても乾燥ジワができてしまうので、自分で塗るときは量を加減。

目のキワも避けてます。


なお、こめかみに向けて塗っているところは、いわゆる「美人の線」。

(目尻部分はよれやすいので、頃合いを見て、指で軽くトントンなじませてます。)


ここに光のラインを入れて顔立ちを引き上げることで、美人顔に見えるというYSLの独自用語。

若い頃は???だったのですが、35才を過ぎると、この部分ってくぼんでくるので、光を入れることの重要性が分かってきます。。


再勉強のため、かなり昔にいただいたHOW TO BOOKを引っ張り出してきました。(もっと新しい冊子もあるはずですが。。)

Image title

入れる箇所は、フローフシ エリアファンディとの共通部分もありますね。

(→フローフシ エリアファンディNARS ザ マルティプル 1501との使用比較記事は、こちら。)



NOEL LOOK 2016の、パレットスパークルクラッシュもまばゆいばかりのキラキラケースが魅力的。

Image title

タッチアップしてきましたが、パッケージに反してあまり心ときめくものがなかったので、今回は見送りました。

(去年購入したパレット ルミエルディバインもセットされたパレット。持ってない人は、これのために入手する価値はあるかも。→記事はこちら。)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN