ついに開講!リアルmamiの美容塾!【シェーディング編】

メイクアップ
いいね! 8件

みなさんこんにちは☆マキアエキスパートブロガーのギ☆です!


さあ、リアルmamiの美容塾、【アンチエイジング×小顔】シェーディング編を書いてみるわ?

ちょっとmami先生の口調を真似てみたけど、もうギ☆に戻るわ?


さて、昔はシェーディングというと、パッキリとした「影!」って感じで、顔を小さく見せたいのよ!というその人の意思が感じられたものです。

それゆえ、大顔の私なんかは、返って恥ずかしくて入れられなかったものですが、時代は変わりましたね。

今は”顔に自然な立体感を出し、生き生きとした表情を作る、もちろん小顔効果も狙う”というのがトレンドな気がします。


そして、この”自然な立体感”が、mami先生のベースメイク術の根底にあるようにも思いました。違ったらゴメンなさ~い。


ということで、シェーディングのポイントは、


・赤みのないカラーを使うこと。

・大きいブラシを使うこと。

・入れる場所は、黒目の横からはみ出る部分。

・入れる方向は、外から内。

Image title


”赤みのないカラー”を推奨する理由は、赤が膨張色だから。

キュッと締めて見せたい箇所に、膨張色を使わないという話です。

膨張色の話は、メイクで使うカラーを考える上で、結構重要。

【アンチエイジング×アイメイク】シャドウ編でもまた出てきます!


実際には、このパレットの一番右下のカラーを使われていました。

Image title

もちろん、パールやラメの入っていないマットなカラー。

先生のオススメは、イプサのフェイスカラー デザイニングパレット

こちらは私もオススメ!

チークのパレットに、ハイライト、シェーディング、パーフェクティングカラー(チークのなじませカラー)までセット。しかも、カラー診断の上、似合うカラーを選んでもらえるのです!


ちなみに、オススメシェーディングブラシは、ローラメルシエMACとのこと。


小顔メイクには、こちらも重要!ハイライト!

Image title

シェーディングがマットだったのとは逆に、ハイライトにはパールが必須。


先生のオススメは、RMKやアルビオン。(アルビオンのは6000円くらいとおっしゃっていたので、多分エクシア AL イリュージョン ヴェールですね。)


ハイライトのポイントは、コンパクトに入れること

ここで、私の最大のウロコ落ちポイントがありました。

”黒目の横のはみ出る箇所はシェーディング”ということは、Cゾーンのハイライトはタブーなんです!!


ハイライトを入れるのは、前に出して見せたいところ。

そう冷静に考えたら、目の外側にハイライトを入れて、わざわざ顔の横幅を広げて見せるなんて、ただでさえ平べったいアジア顔を強調してるようなものでした。。シュン。


ということで、鼻筋のハイライトも鼻のくぼんでるところまでが鉄則です。


最後はチーク。

真ん中から入れるとかわいく。外から入れるとシャープに。

目指す雰囲気によって、入れ方を変えていきます。

Image title


なお、クッションファンデに合わせるのは、チークもハイライトもシェーディングもクリームがお約束。

(mami先生ご自身も最近のブログで書いていますよー。まだ読んでない方、まずは読んで!→こちら。)


プチプラハイライトのオススメは、セザンヌ ハイライトスティック

ラディアントタッチはどうですか?と伺ったところ、あれはハイライトではなくイルミネーターですって。

マイナスをゼロにするためのアイテムとのことで、恥ずかしながら、またウロコ落ちました~。(具体的な活用法は【アンチエイジング×アイメイク】シャドウ編にて。)


プチプラチークのオススメは、ヴィセのリップ&クリーム チーク

プチプラで同様アイテムもありますが、ヴィセは透明感が違う!とのこと。


と、ここまでやると、肌はシェーディング、ハイライト、チークのいずれかが塗られた状態。

ファンデの上に何も重ねていないところがない状態にするのが、小顔メイクのポイントだそうです!


なお、小顔に見せたいなら、

自分の顔に卵型を当てはめて、はみ出る部分にローライトシェーディング

足りない部分にハイライトを使用。えば、面長さんはあごにハイライトは入れない!

チークも顔のバランスを変えてみせるので、方向や範囲などを意識して入れましょう!

と、公開NGの資料に書かれてありました☆


さて次回はいよいよ最終回。【アンチエイジング×アイメイク】シャドウ編

アラサー、アラフォー女子はもう必読!ご期待ください~!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN