この秋は深みカラーで目元印象を高めるアイメイクがトレンド。「MAQUIA」12月号から、下まぶたのグラデーションが新鮮な、クランベリーアイをご紹介します。Image title

メイクアップアーティスト

KUBOKIさん

上品かつ意志と色気のあるメイクアップを作らせたら、右に出る者はなし。男性ならではの目線から、リアルな女性の美しさを提案。


下グラデが新鮮! ボトムコンシャスな

クランベリーアイ

ブーム続行の赤みカラーは、深みを帯びたボルドー系に進化。新鮮かつ秋っぽさを満喫すべく、下まぶたをメインにグラデーションで取り入れると、シックかつ色気まで急上昇!


下はしっかり、上は軽めが成功の秘訣

HOW TO

Image titleこれ1つで今年のトレンド大集合。スモール アイシャドウ ×9 バーガンディ タイムズ ナイン ¥5000/M・A・C(限定品)

Image title


1.眉頭に毛量や毛流れを加えるImage title

下まぶたのアイカラーとバランスをとるために、眉頭に1本1本毛を足すイメージで太めに仕上げる。Image title

ペンシルながら、パウダリー風の仕上がり。スルシィル プードル 593 ¥2900/パルファン・クリスチャン・ディオール


2.アイホールにふわりニュアンスだけ添えるImage title

トープのようなニュアンスカラーaで、上まぶたにほんのりと温かい深みを。


3.ボルドーで目尻側のキワにライン状に引くImage title

bの濃いボルドーを細筆にとり、黒目の目頭側~目尻に向かい、まつ毛のキワに線を引く。


4.上まつ毛の間を茶色で引き締めるImage title

上まぶたは色みが淡い分、フレームのみ茶のリキッドでくっきり引き締め。まつ毛間を点で埋めて。Image title

フェルト仕様。ベネフィーク セオティスマートアイライナー (リキッド)BR88 ¥2000(編集部調べ)/資生堂


【次ページをチェック】下まぶた&まつげメイクをレクチャーします≫≫


5.下まぶた全体に中間色をのせてベースにImage title

中間色のcを、下目頭から目尻まで、ブラシでやや広めにのせて、グラデのベースに。


6.濃いボルドーシャドウを下まぶたのキワにのせるImage title

bをブラシにとり、下まぶたのキワをぼかすイメージで全体に重ねると自然なグラデに。


7.同系色の赤み系マスカラを塗るImage title

下がポイントの場合、上まつ毛は上げすぎない方がベター。緩いカールにしっかりと塗布を。Image title

じんわりローズのニュアンスが広がるブラウン。AQ MW エレガント マスカラ RD401 ¥3500/コスメデコルテ


8.下まつ毛にはたっぷりと塗り重ねてImage title

まつ毛も同系色にすることで、一体感がより出せる。たっぷり塗るとグラデ感もアップ。


LIP & CHEEK

LIP:目を主役にするため、唇は色で主張しつつもマットでさりげない佇まいに。直塗り後に指で押さえて。Image title

リファインドコントロール リップペンシル 07 ¥2500/THREE


CHEEK:甘すぎないよう横楕円に。Image title

ライトグロウ 03 ¥5000/バーバリー(化粧品) 


MAQUIA12月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(物)ヘア&メイク/KUBOK〈I Three Peace〉 スタイリスト/高垣鮎美〈LOVABLE〉 モデル/林田岬優 取材・文/森山和子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

この秋キテる! 【スモーキーな囲みアイメイクでつくる“強め印象な目もと”】≫≫


ぐっとくる要素はツヤと色気【男性の理想メイクBest10】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share