「MAQUIA」12月号では、この秋トレンドの、少し強めのアイメイクをご紹介。しっかりメイク感があるのにキツく見えないのは、深みのある“ぼかし”テクがポイント。ここでは、囲みスエードアイをご紹介します。Image title

メイクアップアーティスト

KUBOKIさん

上品かつ意志と色気のあるメイクアップを作らせたら、右に出る者はなし。男性ならではの目線から、リアルな女性の美しさを提案。


クールなのにやわらか印象

重ねてぼかしてにじませる。

囲みスエードアイ

凛とした意志の強さと、女性ならではの色気が共存するスモーキーな囲みメイクはいかが? グレージュカラーのツヤベースを仕込むことで、軽やかで上質な眼差しが完成します。

Image title

ベタつかずスルリと広がり、濡れたような光沢で、立体感と深みを演出。アイカラー クリーム 102 ¥3700/バーバリー(化粧品) 


Image titleラインやシャドウとしてマルチユースなアイカラー。密かにグリーンが潜む。ベルベットシャドースティック 8259¥3200/NARS JAPAN


【次ページをチェック!】囲みスエードアイの作り方 ≫≫


1.グレージュを眉下まで仕込むImage title

指でまぶた全体に塗り広げる。眉頭側までしっかり入れると、骨格が際立つ!


2.目のキワに太くライン状に引くImage title

グレイッシュなカーキのシャドウペンシルで、キワ全体にラインを引く。ここはガタガタでもOK。


3.境目を中心に斜め外に指でぼかして広げるImage title

2で引いたアイカラーとまぶたの境目を無くすイメージで、目尻側に向かってぼかして。


4.下まぶたは目頭を除いてキワにライン状にのせるImage title

上と同じスティックで、下まぶたのキワにも引く。目頭を抜くことで、強すぎを回避。


5.下まぶたはチップでぼかしてなじませるImage title

下まぶたは指だと難しいので、4で引いたラインを、細めのチップで優しくなじませる。


6.まつ毛のキワに細くラインを描くImage title

くすんだダークカラーのペンシルで、上まつ毛のキワぎりぎりにラインを。目尻は目幅に留める。


7.まつ毛の間も丁寧に埋めて、きっちり締めるImage title

目のフレームに隙間があると、途端にあか抜けない印象に。しっかり根元から埋めて。


8.まつ毛上下に黒マスカラをONImage title

グレイッシュなスモーキーアイにハマる、黒マスカラで、上下まつ毛に塗る。

Image title

ダマのないボリューム仕上げ。ロングウェア アイ セット(クリームタイプのアイライナーとアイカラー、ブラシがセット) ¥8200/ボビイ ブラウン(限定品)


LIP & CHEEK

LIP:目元が強い分、唇は引き算しつつもピンクベージュで血色感キープを。直塗りぐらいが気負わず丁度いい。Image title

SHISEIDO パーフェクトルージュ PK354 ¥3500/資生堂インターナショナル


CHEEK:オレンジ系を頬中央あたりに逆三角形になじませ、ほんのり色みを添えて。Image title

ルナソル カラーリングクリーミィチークス 02 ¥3500/カネボウ化粧品


MAQUIA12月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(物)ヘア&メイク/KUBOK〈I Three Peace〉 スタイリスト/高垣鮎美〈LOVABLE〉 モデル/林田岬優 取材・文/森山和子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

★【秋は断然“強めアイ”】色気漂う ショコラカラーグラデーションが今っぽい ≫≫


ぐっとくる要素はツヤと色気【男性の理想メイクBest10】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share