秋は断然“強めアイ”!色気漂う ショコラカラーグラデーションが今っぽい

メイクアップ
いいね! 10件

「この秋、アイメイクが戻ってきた!」とは言うけれど、そのさじ加減に悩む人も多いはず。今目指したいのは、一歩進んだ深みをまとう、“強め印象な目もと”。「MAQUIA」12月号に掲載中のメイクから、ショコラムースアイをご紹介します。

Image title

メイクアップアーティスト

KUBOKIさん

上品かつ意志と色気のあるメイクアップを作らせたら、右に出る者はなし。男性ならではの目線から、リアルな女性の美しさを提案。


色・質感で抜け感を感じさせて

KUBOKIさん「夏までの目元は、素を活かしたような仕上がりが主流でした。でも秋になってファッションも重めになると、目元があっさりしすぎていては物足りない。バランスの取れた旬な“強めアイ”にするには、黒の量を極力減らし、最新アイテムで色みをアップデート。“色気”と“抜け感”を意識した塗り方で、グッと今っぽく仕上げましょう」。


ブラウングラデが復活!

重ねるのに透ける

ショコラムースアイ

定番のブラウンは、チョコレートのようなコクのあるトーンが旬。久々復活のグラデーションは、シアーでじんわり奥行きのある仕上がりが特徴です。

Image title本物のショコラと見紛う、スウィーツなパレット。4種の質感が1つに。ルナソル セレクション・ドゥ・ショコラアイズ 02 ¥5000/カネボウ化粧品


How to

1.まぶた全体をトーンアップするImage title

aのハイライトカラーを大きめブラシでまぶたにのせる。目頭下までしっかりのせて。


2.アイホール広めにシアーで淡いブラウンを重ねるImage title

bの中間色を目頭を除いたまぶた全体にのせる。1と重ねることで深みと陰影が自然に。


3.透けブラウンを二重幅より広めにのせてグラデにImage title

チップにcをとり二重幅よりやや広めに重ねる。まぶた全体の“深みの土台”となるカラー。


4.涙袋を明るくしてぷっくり可愛らしさをImage title

ハイライトカラーのaをブラシにとり、下まぶた全体に入れて、涙袋をぷっくりとさせる。


5.下目尻に影を入れて上まぶたとつなげるImage title

下目尻から3分の1まで淡い影を作るためにbを細チップで入れ、上目尻の影とつなげて。


6.濃い茶色で目尻だけにシャドウラインを引くImage title

細チップにdの締め色を取り、目の形に沿って目尻側5㎜程出るようにライン状に引く。


7.まつ毛の隙間をこげ茶で引き締めImage title

あくまでライン感を感じさせないように、まつ毛の間だけをこげ茶のペンシルで埋め、引き締める。Image title

滑らかでソフトな描き心地と、にじみにくさを両立。スティロ ユー ウォータープルーフ 921 ¥3000/シャネル


8.自然なカールのブラウンまつ毛にImage title

まつ毛は上げすぎ厳禁。ブラウンマスカラを上下に塗り、優しい印象の視線に。Image title

明るすぎないブラウンだから、引き締めパワーも実感できる。ファシオ パワフルカール マスカラ(ロング) BR300 ¥1200/コーセーコスメニエンス


【次ページをチェック!】ショコラカラーシャドウに合わせたチークとリップはこちら ≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN