「MAQUIA」5月号では、顔タイプ別に、それぞれの持つよい印象が伸びるメイクメソッドをレクチャー。今回は、女顔×ドラマティックタイプさんの華やかさを活かすメイクをご紹介!

Image title

目覚めよ! あなたの美女ヂカラ
4タイプ別 顔立ち印象 いいとこ伸ばしメイク


Image title

華やかな中に気品が宿る
上質な女らしさを添えて

女顔×ドラマティックタイプ

赤みを添えて華やか印象ランクアップ
女らしい赤み系のアイカラー&リップのポイントメイクで、華やかさ、艶やかさといったチャームポイントを前面にプッシュ。赤は、言わずと知れたセンシュアルカラーの代表。それに加えて目尻やチークの色っぽさを、外側強調メイクで高めていって。


EYE

レッドニュアンス&目尻アクセントで
女っぷりを上げる

オレンジやブラウンの中に赤をひとさじプラスして、色っぽく。目尻側に色を重ねることで目ヂカラがアップし、ドラマティック度もグッと高まる。赤みが強すぎると感じたら、パレットのブラウンを混ぜてコントロールして。

Image title

HOW TO MAKEUP
A-1をアイホールにのばし、アイホール目尻側のくぼみにA-2をオン。二重幅にA-3をのせ、アイホール中央~目尻にA-4を。下まぶたはA-3を目尻~中央まで。上まぶたにBで目尻長めのラインを。

Image title

A マット、サテン、グリッターなどの質感を持つ9色をセット。レッドのスパイスがアクセント。ル・ヌフ・ジバンシイ 05 ¥7600/パルファム ジバンシイ B 赤みのあるブラウンのリキッド。ウォータープルーフ。インディストラクティブルアイライナー 02 ¥3500/THREE


CHEEK

斜めに走るグロウなチークで
エレガンスを

チークにもアイカラーと同じく、外側にアクセントを置くテクニックを採用。頬の外側&高い位置から斜めに色をのせることで、華やかな気品をプラス。目元と唇の色が強い分、チークはトーンをできるだけ抑えてバランス重視。

Image title

HOW TO MAKEUP
1を頬骨に沿って外から内へとのせ、血色を演出。21に重ねて内から外へのばし、こめかみまで。ツヤ感をプラスする。

Image title

左の血色カラーに右のブラウンを重ねると、より光沢のある肌に。ルナソル カラーリンググレイズ 03 ¥6200/カネボウ化粧品


LIP

シックな赤と肉感シェイプで
色気をにじませて

唇は女顔ドラマティックを象徴するパーツ。ここを鮮やかな色と光で引き立てると、このタイプの持ち味である色っぽさを伸ばせることに。また、艶やか&落ち着いたトーンのローズカラーを選べば、女っぽさがグッと上昇する。

Image title

HOW TO MAKEUP
リップは直塗り。唇の山から口角までの輪郭をオーバーライン気味に描き、ボリュームアップ。女顔の丸みをしっかりと活かす。

Image title

こっくりマットな発色。ひと塗りで表情が明るくなる。リップ カラー サテン マット 31 ¥6000/トム フォード ビューティ



MAQUIA 5月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物)  ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/坂下シホ  モデル/加治ひとみ 取材・文/風間裕美子 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share