「MAQUIA」8月号では、パレットとリップ2本だけで毎日を新鮮に着回すメイクテクニックを紹介中。今回は、セクシー美女・こじはるの着回しメイクをお届けします。

Image title

セクシー美女 陽菜

女らしさの象徴である唇を彩るのは、知性感じる2本の赤。1本は落ち着き、もう1本は華やぎを。色気漂う、彫り深目を作るパレットとの組み合わせで、オフィスでも映えるセクシーを狙う。

Image title


色気と陰影を操る赤みブラウン

マキアージュ ドラマティックムードアイズ BR354

ナチュラルな陰影にさりげない目力、ほんのり色気を与える、どこまでも多才な赤みブラウンパレット。¥3000(編集部調べ)/資生堂


美肌効果のある知的な赤

SHISEIDO ルージュ ルージュ RD715

知性とヘルシー感が同居。落ち着きのあるピンクブラウン寄りのレッド。¥3600/資生堂インターナショナル(7/1発売)


品よく華やぐ正統派の真紅

SHISEIDO ルージュ ルージュ RD501

鮮やかに発色する、ドラマティックなレッド。保湿力も秀逸。¥3600/資生堂インターナショナル(7/1発売)



Day1

「ちょっと素敵♥と思う取引先の方をアテンド。

横幅を強調した目元と頬&唇に漂う赤みが鍵」

Image title


How to Make up

Image title

Image title

目元の深みと漂う赤みで、におい立つ色気とクールさを兼ね備えたセンシュアルフェイスに。アイホールに1cを横幅広めに入れ、下まぶた目頭2/3にbをオン。手持ちの黒ライナーでインラインを引き、dを目のキワに目尻長め&下目尻1/3に引けば、“流し目風”の色っぽEYEが完成。唇には2をベースに3を重ねづけ。2は、頬にもチーク代わりにのせて。

Image title


【次のページをチェック!】 こじはるの着回しメイク2日目はこちら! 》》

Day2

「目元はちゃっかり抜いて、口元だけはきちんと。

このメリハリで、忙しくても“イイ女”」

Image title


How to Make up

Image title

Image title

忙しい日は、黒ブチ眼鏡を味方にアイメイクは思い切って手抜きを。手持ちの黒ライナーで上まぶたのみインラインを引いたら、1のパレットのaをまぶた全体、cをアイホールに塗り、いきいきとしたハリとうっすら陰影を演出するだけ。マスカラは不要! その分、リップだけは丁寧に。2の落ち着いた赤をブラシで口角をとるように塗れば、きちんと感もばっちり。

Image title



MAQUIA8月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/SHOCO モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

※Amazonはコンパクト版のみの取扱いです。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share