たくさんの施術を行っているドクターや美のプロたち自身も、美容医療をうまく活用。実際に受けてきた施術やこれからの狙い目をお聞きしました。

美容医療 ドクター レーザー 注入

0からわかる美容医療BOOK

あの達人の美容医療遍歴、
聞いちゃいました!
日々、たくさんの施術を行ったり取材している美のプロ自身も、美容医療をうまく活用。どんな施術を受けてきたの? 良かった施術は? これからの狙い目は? をじっくり聞きました。

友利 新先生

内科・皮膚科医
友利 新先生
肌悩みや年齢に合わせたケアで美貌キープ
私はニキビ悩みがひどかったので、20代にピーリング治療やクレーターをキレイにするフラクショナルレーザーや内服薬、ホルモン治療も取り入れて改善。その後、赤みやシミ、色ムラが気になり始めたので、定期的なフォトフェイシャル(¥43000)をスタートさせました。全身脱毛を行ったのも同時期ですね。ある程度落ち着いたらシワ予防に額や目尻、鼻根部、咬筋のボトックスを打ちました。私は全体的に引き締めたかったので、30代になってサーマクール(¥352000)も始めました。また、出産後はやつれを感じた時期があり、ふっくら感を出したくてこめかみにヒアルロン酸を注入。40代の現在は、もう少ししたらスレッドリフトをして顔をぐっと引き上げようかなと考えています。

惣流マリコさん

スパジャーナリスト
惣流マリコさん
顔からデリケートゾーンまで美を追求!
自ら鍛えるのが難しい骨盤底筋群の筋力アップはエムセラ(1カ月8回まで¥99000)で。服を着たまま30分座るだけなのに、体幹部に刺激が入るので難しいヨガのポーズやキックボクササイズの連続蹴りがラクにできるように。ヒップがどんどん桃尻になり、膣力面も好評を博しています。VIO脱毛後に気になったデリケートゾーンの黒ずみは、ハイドラクールプラス(¥44000)を月イチで。術後は明らかに見た目が変わるし紫外線に当たらない分、効果が長持ち。白くふっくら乙女のごとき状態になるので楽しくて仕方ありません! また、少量の注入で劇的に若返ると噂のワンアップヒアルロン酸注入(¥110000~)も、顔立ちは変わらないので絶対にバレず、少量だから異物感も感じにくい。打ち終わった直後から顔色が明るくなり、若く元気な印象になれて大満足。

海野由利子さん

美容・医療ジャーナリスト
海野由利子さん
糸リフト以外はすべて試し済み!
メスを使わず肌悩みを解決する美容医療の出現時にはアラフィフだったので、治療体験のスタートはほぼ40歳から。それでもシミや肌の質感改善、脱毛の効果は感動でした。エイジングサインが現れ気になる年齢になった時に「肌はやり直せる!」と感じたのはダウンタイムがしっかりある照射系。フラクセル(顔全体¥88000)の治療当日は腫れがすごくて電車で二度見されましたが(笑)、3~4回で肌を入れ替えたようになり感激。アラフィフで行った眼瞼下垂の手術(¥715000 診断基準を満たせば保険適用 約¥50000)も、たるみがとれて視界もすっきり。また、筋肉を増やすエムスカルプト(現在は後継機種のスティムシュアー¥55000)の登場で効率よくボディメイクが可能に。

MAQUIA 5月号
撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉 構成・文/高見沢里子 摩文仁こずえ 企画/萩原有紀(MAQUIA)
※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。
※同じ治療でもクリニックによって呼び名や金額は異なる場合があるので、きちんと診断を受け、相談して選んでください。また施術の効果や痛みの感じ方、ダウンタイムには個人差があります。

MAQUIA書影

MAQUIA2024年6月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。マキア8月号の大特集は「ベストコスメ2024上半期」。通常版の表紙は戸田恵梨香さん、増刊(特別版)の表紙は亀梨和也(KAT-TUN)さんです。

ネット書店での購入

share