ちょっとマニアックなオトナ美容をご紹介する連載企画「#ギ☆のマニアック美容道」。今回は、「フィックスミスト」を取り上げます。
マスク生活が定着し、メイク崩れが気になる夏だけでなく、一年を通じての必須アイテムになったフィックスミストを深掘りレポート!

フィックスミストクリーム

ギ☆

トップブロガー

ギ☆

今年48歳になるマキア公式ブロガー歴14年目のベテランブロガー。主婦ときどきライター。初めて美顔器を買ったのは高校生のときという筋金入りの美容マニア。コスメとコスメの写真を撮るのが好き。プチプラからハイブランドまで幅広くレポートします。

夏だけじゃもったいない!マスク生活で必須アイテムになった「フィックスミスト」

夏は汗、皮脂、冷房による乾燥と、1年で最も化粧崩れしやすい季節。
私がメイク崩れを予防するため、やっていることは、


✔ メイク前にティッシュで軽く押さえ、残ったスキンケアの水分油分をオフ。(特に汗をかいてるときは保冷剤をティッシュで包んで使うと効果的。)
✔ 特に崩れやすい鼻周りは、専用下地を使用。
✔ 少なめの下地、リキッド・クリームファンデをスポンジでなじませ、その上にメイク崩れを抑える効果の高いパウダーを重ねる。
✔ ハイライトやシェーディングもパウダータイプに統一。


これだけでも、かなりメイク崩れやマスクへの色移りを防げます。さらにご紹介するフィックスミストを正しく使用すれば、鬼に金棒。
今回は3アイテムを、私の独断と偏見により以下の5項目で徹底比較。


 使用感 ……噴霧しやすさ、香りのよさ
 速乾性 ……乾くスピード
 美肌効果 ……美肌見せできるか
 成分魅力度
 ……独自性、充実具合など
 メイクフィックス力
 ……メイク崩れやマスク移りの有無


それぞれ全く異なるタイプなので、昨年の記事と合わせて、あなたに合うフィックスミストを探す参考にしてみてください。 


※価格はすべて税込み表示です

フィックスミスト3選

【1】MAKE UP FOR EVER ライトベルベットエアー 30mL 1,980円(税込)
【2】OSAJI フィックスミスト Karen〈カレン〉 50mL 2,420円(税込)
【3】クラランス フィックス メイクアップ 50mL 4,400円(税込)


※価格は税込、すべて個人調べ
※商品は、マキアオンライン編集部様よりご提供いただきました
※以下、商品名を省略し、ブランド名のみで表記

使い心地のよいフィックスミストはどれ? 使用感の比較

①噴霧タイプ


3点とも、ガス式ではなくミスト式。
メイクアップフォーエバーOSAJIは使用前によく振っておきます。クラランスはそのまま噴霧可能。

フィックスミストの噴霧タイプ

ミストの粒子の細かさ
クラランス → OSAJI → メイクアップフォーエバー
クラランスは、かなり細かい粒子で広い範囲に、ふわっと噴きかけることができて気持ちいい!
メイクアップフォーエバーはやや粒子の大きさにムラがあり、かつミネラルパウダー配合なので、服に付かないよう注意が必要。


いずれにせよ、顔からの距離を守り(※)、使う都度、スプレー口を拭きとって、ムラ付きを予防することが大切です。
(※メイクアップフォーエバー:30cm/OSAJI:20cm/クラランス:30cm)


②噴霧形状と速乾性


ワンプッシュを黒いプレートに吹き付けて、経過を見るとこんな感じ。

フィックスミストの噴霧形状と速乾性

速乾性の高さ
クラランス → OSAJI → メイクアップフォーエバー


クラランスは、噴霧直後からほぼ粒子が見えないほど。OSAJIも1分後はうっすら残っていますが、2分後にはもう見えない状態。いずれも肌の上では1分ほどでなじみました。
メイクアップフォーエバーは、プレートにはあとが残って見えますが、肌の上では2分ほどで定着。その後は、ベタつくことなくサラッとマットな質感に。
いずれも速乾性に優れています。


ちなみに、全てハンドプレスは必要なく、自然乾燥させるタイプ。マスクの蒸れを考えると、十分時間を置いて付ける方がよさそう。

実際の肌への効果は?フィックスミストの美容効果・機能の比較

①質感と保湿力


肌の質感に与える影響を「5分後」と「半日後」で比べてみました。
いずれも同じベースメイク(下地+リキッドファンデ+ルースパウダー)で、「半日後」はマスク着用の上外出、小1時間歩いてひと汗かいた状態。メイク直しはしていません。

フィックスミストの付け心地の比較

※蛍光灯の下で、スマホのインカメラで撮影。

メイクアップフォーエバー
1日テカリを抑えて、マットな状態を維持。とはいえ肌の水分量はキープでき、乾燥を感じることはありません。
メイクは本当に崩れにくくなります。目尻下、小鼻の周り、鼻のてっぺん、など崩れやすい箇所も一枚膜が張っているかのよう。ただ、少し毛穴落ちしたのが気になりました。


OSAJI
オイルミストで潤わせて、乾燥によるメイク崩れを防ぐタイプ。メイクアップフォーエバーとは、根本的にコンセプトが異なります。
付けたてのツヤ感が長く持続。いかにもオイルっぽい質感なので、好みは別れるかも。
鼻周りのメイクは多少崩れました。


クラランス
OSAJI同様、潤いで乾燥崩れを防ぐタイプ。
OSAJIのオイルとはまた異なる、美しいツヤ感で肌が均一に見え、美肌効果は随一!
ただやはり、鼻周りのメイクが少しだけ崩れました。


②メイクフィックス力


腕に「リキッドファンデ」「口紅」「クリームチーク」「ラメアイシャドウ」を塗って、各アイテムを吹きかけ、5分後のメイクフィックス力を比較してみました。

フィックスミストのメイクフィックス力の比較

メイクフィックス力
メイクアップフォーエバー → クラランス → OSAJI


いずれも、何も付けなかった場合と比べ、特にファンデの落ちを防ぐことができました。
全てのアイテムの色落ちが一番少なかったのが、メイクアップフォーエバー。写真では見えづらいですが、クリームチークの色移りを防げたのはこれだけ。アイシャドウのラメ落ちも最小限でした。
リップはどうしても色移りしやすいので、フィックスミストに頼らず、マスクをする前に一度ティッシュオフするようにしています。


ティッシュだけ並べてみました。

フィックスミストのメイクフィックス力の比較

リキッドファンデだけだと、かなり色移りしてしまうので、マスクメイクではルースパウダーなどで押さえることは必須。更に皮脂吸着パウダーなどを重ねると、かなり色移りが抑えられます。

▶MAKE UP FOR EVER ライトベルベットエアー 1,980円

MAKE UP FOR EVER	ライトベルベットエアー

処方の特徴
超微粒子のミネラルパウダー配合で、べたつきの無いさらっとした仕上がりに。
メイクをフィックスさせるポリマー配合。


美容成分
アロエベラ液汁・ヒラマメ果実エキス・パンテノール・エチルヘキシルグリセリンなどの保湿成分配合。


使い方
ご使用前にボトルを良く振って、ミストが均一に出てくることを確認します。
ボトルを持った腕を顔の斜め上に30cmほど離し、目を閉じた状態で上下に2プッシュ、左右に2プッシュすれば、テカリ知らずの肌が一日中続きます。
スプレー時にミネラルパウダーが衣服等に付着する場合がありますので、お気をつけください。


【総合評価】
艶を出しつつメイクをキープするミスト&フィックスは過去に使用。ライトベルベットエアーは、名前の通りマットで上品なベルベットスキンをキープするミスト。
メイクキープ力は、ミスト&フィックスより更に高く、今回ご紹介した3点の中でも最高。昨年の記事で取り上げた4点を加えても一番だと思います。
粒子がやや粗く、注意しないと服や髪にパウダーが付くことがあるのが難点。


使用感★/速乾性★★★/美肌効果★★/成分魅力度★★/メイクフィックス力★★★


▶OSAJI フィックスミスト Karen〈カレン〉 2,420円

OSAJI	フィックスミスト Karen〈カレン〉

処方の特徴
メイクの仕上げにうるおいとツヤを与えるオイルイン化粧水ミスト。
乾燥によるメイク崩れを防ぎ、シュッとひとふきで簡単にツヤ肌に。


美容成分
特徴的なのは、植物から抽出したオイル(ホホバ種子油、ダマスクバラ花油、チョウジ葉油、セージ油)。
ミネラルを豊富に含んだ、高知県室戸沖に湧き上がる海洋深層水から抽出した「にがり」を配合。肌のバリア機能をサポートしながら、化粧崩れを防ぎます。
イザヨイバラエキス配合で、さらにうるおう肌へ。


使い方
2層になっているため容器をよく振ってから、メイクの後、しっかりと目を閉じて、20cm程離して顔全体にまんべんなくスプレーしてください。


【総合評価】
適度な油分で肌を心地よく潤してくれるミスト。
ダマスクローズ・クローブ・セージをブレンドした香りが、甘く爽やか。癒されます。
大きすぎないプラスチックボトルだから携帯できるし、髪など、顔以外にも使えるのも便利。
特に乾燥崩れが気になる方におすすめです。


使用感★★/速乾性★★★/美肌効果★★/成分魅力度★★/メイクフィックス力★★


▶クラランス フィックス メイクアップ 4,400円

クラランス フィックス メイクアップ

処方の特徴
微細なマイクロミストのシャワーがメイクをぴったり密着。
大気汚染や花粉などの外的刺激からも肌を保護。


美容成分
天然由来のアロエベラエキスでうるおいが持続。
保湿・保護成分アンティポリューション コンプレックス(チャ葉エキス、ラプサナコムニス花/葉/茎エキス/スクロース)配合。


使い方
メイクアップの仕上げに、顔全体に適量(5~7プッシュ程度)スプレーします。
目を閉じて、顔から30cmほど離してお使いください。
スプレー後のハンドプレスは不要です。


【総合評価】
以前の細い瓶タイプのものも愛用していましたが、目にも鮮やかな美しいボトルにリニューアル。
季節限定版のボトルも魅力的で、プレゼントにもおすすめ。
優雅なダマスクローズとグレープフルーツの香りや、ふんわりとしたミストも心地よく、使い心地は最高です。
メイクフィックス力もさることながら、自然なツヤ肌を演出する美肌見せ効果が素晴らしく、年中使いたい優秀アイテム。


使用感★★★/速乾性★★★/美肌効果★★★/成分魅力度★★/メイクフィックス力★★


目的別におすすめフィックスミストを選ぶなら

今回ご紹介した3点は、タイプは全く異なりますが、3点それぞれ優秀です!


→特に乾燥崩れが気になるなら
保湿効果の高いOSAJIクラランスは、日中の潤いチャージとしても使用可能。夏の皮脂崩れも、乾燥が原因であることが多いので、しっかり保湿することは大切です。
OSAJIはプラスチックボトルなので、携帯にも便利。


→美肌効果を狙うなら
メイク崩れを防ぎつつ、自然なツヤ肌をキープして美肌見せできるクラランスが最適。
とにかく使い勝手がよいので、人気があるのも納得です。


→マスクへの色移りを防ぐなら
メイクアップフォーエバーは、がっちりメイクをガードして、色移りを最小限に。


→とにかくメイク崩れを防ぎたいなら
やはり、メイクアップフォーエバーがイチオシ。
肌がマット寄りになるので、ツヤ肌好みの方は、OSAJIクラランスのようなミストを重ねてもよいかも。


「メイク崩れ問題」に加え、新たに出てきた「マスクへのメイク移り」という難題。メイクが崩れることも問題だし、マスクが汚れてしまうのも悲しい。
フィックスミストは、これらの問題の解決してくれる救世主的アイテム。使わない手はありません。
この記事が、あなたに最適なフィックスミスト探しに役立つことができたら、嬉しいです!


※記事内容は個人の体験に基づくものであり、すべての方への効果を保証するものではありません

MAQUIA エキスパート

ギ☆

14年目/乾燥肌

エイジングケア&ネイル命

得意な美容ジャンルは、エイジングケア・ネイル。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットーの主婦兼ライター。

share