人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

QOLを上げる良いことがたくさん!「美肌菌活」のギモンにプロがお答え

スキンケア

「MAQUIA」2月号では、今一番のビューティトレンド「菌活」について詳しく解説。美肌菌活にまつわるギモンに、専門家がアンサー!

Image title

美肌健康メンタルも。

始めた人からQOLアップ
菌活100問100答

スキンケアやダイエットに励んでも、美肌や美ボディが手に入らないのはなぜ? その答えのカギを握るのが、私たちのカラダに棲む、美の運命共同体「菌」の存在だった!


お話を伺ったのは…

皮膚科医
工藤清加先生

わかばクリニック院長。早くから美肌菌に着目し、自身のスキンケアブランド「フラセラ」を開発。


皮膚科専門医
出来尾 格先生

ミルディス皮フ科勤務。さまざまなメディアで美肌菌の新常識を啓蒙する、皮膚常在菌の権威。


早稲田大学
服部正平先生

「菌界のドン」。常在菌のメタゲノム解析に携わり、菌の常識を塗り替える、菌研究のパイオニア。


スキンケアで美肌菌活

美肌菌を育ててキープする美肌菌活で、肌トラブルを解消し、エイジングもケア!


Q 肌冷えすると美肌菌は減る?

A 増えにくくなる

「肌温度が低いと洗顔後、美肌菌が戻るのに時間が必要に。肌冷え解消のために湯船に15分程度つかるのは◎、でも角層のふやかしすぎに注意」(出来尾先生)


Q お手入れのとき、手の菌は肌につく?

A つくけれど、一時的なもの

「手に存在する菌は顔にもたくさんいるので、問題なし。でもニキビができやすい人はスキンケアの際、手についた油分に注意を」(工藤先生)


Q マッサージは菌が喜ぶ?

A やり方に注意

「血流がよくなり肌温度が上がるのは良いこと。でも摩擦はNG。行う場合は、指滑りのいいクリームなどを利用し、こすりすぎないように」(出来尾先生)


Q 美顔器の高周波やEMSはどう?

A 美肌菌に影響ありません

「美肌菌の細胞は案外丈夫で、電気刺激にはビクともしません。美顔器をこすりつけて、摩擦刺激を与えなければ大丈夫でしょう」(出来尾先生)


Q スチーマーやホットタオル蒸しは?

A OK。ただし短時間にとどめて

「蒸気で温まると、肌冷え解消を促し、美肌菌にとって居心地のいい環境に。ただし、角層がふやけると、居心地は悪化。目安は20秒程度」(出来尾先生)


Q 口内細菌が肌に漏れ出すことはある?

A あります

「食事や会話中とても細かい唾液の水滴が空気中に浮遊し、肌にくっつくことも。ただし、口内環境が悪いからといって、口内の常在菌が肌の上で増殖することはありません」(出来尾先生)


Q 美肌菌が少ないとエイジングが進む?

A Yes

「美肌菌が少ないと保湿力がダウンし、ターンオーバーが乱れ、シワ、たるみを招きます。またバリア機能が弱くなり、シミもでやすくなります」(工藤先生)


Q 韓国女性が美肌なのは、キムチを食べているから?

A 因果関係は不明です

「不明ですが、その国の環境と人種の体質に合った食べ物は、腸内環境を整える一助に。めぐりめぐって美肌菌へのよい影響もあるかもしれません」(服部先生)


Q ぬか漬けやヨーグルトを手作りすると部屋が育菌環境に?

A Yes

「少しずつではありますが続けていれば可能性はあります。酒蔵の天井や壁、床に麹菌が付着しているように、自宅の部屋内に乳酸菌が付着し育菌環境になることも」(工藤先生)

Image title

菌を牛乳に混ぜれば手作りヨーグルトに。ドクターズ ナチュラル レシピ ピュアクリアヨーグルト 8包 ¥3195/アンファー


Q 美肌菌で若い頃の肌を取り戻せる?

A 可能です

「今のうちに自分の美肌菌を採取し凍結保管。10年後、20年後、年齢とともに美肌菌が少なくなったときに戻すというシステムを開発しました」(出来尾先生)

美肌菌バンク

肌から採取した美肌菌を、-80°Cの超低温庫で凍結保管。半永久的に肌に戻せる。美肌菌登録費用¥200000、美肌菌6カ月¥348000 https://bihadabank.com/


Q 汚れたメイクブラシやスポンジでメイクするとどうなる?

A 菌にとって負担

「増殖した雑菌を肌に付着させることになり、ニキビなどを招く原因にも。使い捨てを利用したり、2〜3回の使用につき専用クリーナーで汚れを落とすのがおすすめ」(工藤先生)

Image title

ティッシュにシュッとふきつけ、ブラシの汚れをふき取るだけ。ブラシクリーナー 50ml ¥1500/イプサ


Q 菌の負担にならないベースメイクって?

A 育菌を意識したファンデーションを

「水分が多いアイテムほど雑菌が増殖しやすく、防腐剤が多めに入っている可能性が。油分が多いエマルジョンタイプや、パウダーは比較的美肌菌に優しいと言えます。美肌菌対応のファンデーションアイテムを選ぶのも手です」(工藤先生)

Image title

a 肌に優しいバーム状。ミネラルクリーミーファンデーション 全6色 リフィル¥5500・ケース¥1000/MiMC b フローラコントローラFC161配合。モイストラボフローラ スキンコントロール メッシュファンデーション 全2色 ¥2400/明色化粧品 c うるおい乳酸菌配合。フラコラ モイスト フローラ パウダー レフィル¥2882・コンパクト¥834/協和



MAQUIA 2月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/清水美知 スタイリスト/金山礼子(モデル) 山本瑶奈(物) モデル/Rei イラスト/こさかいずみ 取材・文/小田ユイコ 柏谷麻夕子 構成/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

エイジングケアの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN