UVケアの準備は万全? 塗り直しのタイミングや、ムラ焼け対策を今のうちに予習!

スキンケア

保湿、皮脂ケア、UVケア……夏のスキンケアは大忙し。「MAQUIA」8月号では、肌コンディションを一日中ベストに保つコツを、たっぷり100問掲載中。その中から、紫外線から肌を守る方法をちらっとご紹介!

Image title

答えてくれたのは

医師 髙瀬聡子先生

『ウォブクリニック中目黒』総院長。化粧品開発や執筆なども。近著は『いちばんわかるスキンケアの教科書』。


資生堂ヘルスケア事業部 内山正信さん

医薬品でありながら、女性の肌に向き合う『IHADA』を担当。マーケティングや商品開発などに携わる。



Q.スプレータイプの日焼け止め、高SPF値ならこれ1本でいいの?

A.SPF値はあくまで目安です

(メイン画像)


髙瀬先生「スプレータイプに限らず、日焼け止めの数値はあくまで目安としてとらえて。スプレータイプはお直しに便利。噴霧後、ハンドプレスでなじませましょう」。

ラグジュアリーホワイト VCサンプロテクトスプレーSPF50+ PA++++ 70g ¥2000/アンプルール



Q. 紫外線量のピークはいつ?

A. 強さは6月。量は7月Image title

内山さん「実は紫外線の強さは6月、量は7月がピークです。意外ですが、6月の梅雨の晴れ間の紫外線は、かなり強いので要注意!」



Q.日焼け止めは1日何回塗り直すべき?

A.最低でも2回は塗り直して


髙瀬先生「昼と15時くらい、最低でも2回は塗り直すのが理想。できない場合は、朝、高い予防効果のある日焼け止めを使いましょう」。

Image title


SHISEIDO パーフェクト UVプロテクションN SPF50+ PA++++ 50㎖ ¥4500/資生堂インターナショナル



Q. 車の中は日焼けしやすい?

A.焼けやすいです!

UVAは窓を透過します。家の中よりも、窓に近い位置になる車内は焼けやすい!

Image title左の車内の写真の紫外線量を可視化してみると(写真右)、窓側の紫外線が強いのがわかる。(赤い部分)



【次ページをチェック!】「去年の日焼け止め使っても平気?」、「UV下地を使うとニキビができます」のお悩みにプロが回≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN