小顔チークの簡単テクニック! お直し法、付属ブラシの活用法などなど

メイクアップ
いいね! 11件

「MAQUIA」11月号では、人気メイクアップアーティストの山本浩未さんが、メイクの基本をレクチャー中! その中から、血色感を上げながら透明感のある肌に仕上げるチーク使いのコツをお教えします。

Image title

メイクアップアーティスト

山本浩未さん

実用的で誰でもすぐに実践できるメイクテクニックや、気持ちが元気になるポジティブな美容理論が好評。


Q. 覚えておくといい王道なチークの入れ方は?

A. 黒目下×小鼻脇がスタート地点Image title

「黒目下と小鼻脇の延長線がぶつかる部分がチークのスタート点。ここを始点に、楕円状になるように。鼻よりも下には入れないこと」。


Q. 小顔チークの簡単テクニックは?

A. ♡型にチークを

1. 王道チークを入れたあと、ブラシに残ったカラーで、ハートの半分を描くようにシェイプ。Image title


2. 明るめのチークをブラシに取り、頬の高いところに丸く入れる。Image title


Q.チークにはどんな効果がある?

A. 血色UPや肌悩みカバーなどたくさん!Image title

「赤みのパワーで、血色をよく見せてくれるのが一番の効果。そのほかにも肌をきれいに見せたり、小顔などの効果が」。


Q.チークが浮いちゃったときの手直し法は?

A.スポンジでポンポンなじませるImage title

「チークがつきすぎてしまったら、キレイなスポンジでチークをポンポンと押さえて。過剰な赤みを取り去れます」。


Q.付属のブラシは小さすぎませんか?

A.指でちょっと広げてみて!Image title

「パレット付属のブラシは、大きさに限界が。でも指でブラシの根元を押すと広がります!」。


【次ページをチェック】キュートにイメチェンしたい日のチークの入れ方は?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN