人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

「眉を変えたい!」を叶えます! めぐ♡りほが教える、目からウロコの簡単テク×7

メイクアップ

「MAQUIA」9月号では、眉コンプレックスを捨て去る秘訣を神崎 恵さんと高橋里帆さんが徹底解説。今回は、優しい美人眉になりたい、小顔に見せたい、華やかになりたい。そんな贅沢願望も簡単に叶えるテクを披露します。

Image title


美容家
神崎 恵さん

美容家として多くのメディアで活動・執筆しながら、自身のアトリエmnuitでは眉レッスンも実施。眉に悩む女性の駆け込み寺と評判。

「眉はもっと自由に楽しんだほうがいいと思います。基本の眉を押さえれば、バリエーションをいろいろと遊べるはず。ひとつのきれいに固執しないで、眉で変われる自分を楽しんで。」


ヘア&メイクアップアーティスト
高橋里帆さん

キュートもナチュラルもモードも自在、洗練されたセンスとテクで女優やモデルから絶大な信頼が。多彩に表情を操る眉テクの宝庫。

「眉毛って、色、太さ、 角度、長さ、どれかひとつをちょっと変えるだけで全体の雰囲気が変わります。みんな眉を後回しにするけれど、目や唇と同じように力を入れてほしいな。」


Q 眉を変えて小顔に見せたい!

高橋里帆さん

A 「ちょい太・ちょい長眉で顔の余白を埋めつつ、アイブロウシャドウで立体的に」

Image title

「眉下にパレット下のシェーディング色をふわっと入れると、描いた感なく自然な陰影が出て、立体感のある小顔印象になります」

Image title

一番下の淡いベージュを眉下にひとはけ。ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-4¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品


Q 眉色は髪に合わせるべき?

高橋里帆さん

A 「全く同じ色は危険。髪がすごく明るい色なら、眉はちょっとだけ暗めに。黒髪のようにダークな人は、眉はそれよりやや明るめにするのがいいですね」


神崎 恵さん

A 「髪色が暗めの人は一段明るく、明るめの人はトーンを落とすと自然になじみます。これを基本に、カーキや赤み系の色に挑戦するとより眉メイクが楽しく!」


Q 眉毛と目の間のスペースが広すぎる

高橋里帆さん

A 「眉下ラインを足すべし」

Image title

「眉の下側を足すのが一番。眉頭なら1mm、眉山下なら2mmぐらいまでを目安に。上で紹介したシェーディングをひとはけしてから1ラインずつ足していって」


Q アーチ型の眉を平行眉にしたい

神崎 恵さん

A 「マツキヨのベビー綿棒を使って平行ラインをイメトレ」

Image title

ベビー綿棒2本で眉の上側と下側を平行に挟む。その内側の肌の色の部分を埋めると平行眉に。

Image title

綿棒のラインをペンシルに置き換えるとこんな感じ。この内側の眉のない部分を描けばOK。

Image title


Q 優しそうに見える眉にしたい

神崎 恵さん

A 「眉と眉の間を広めにとると優しい雰囲気に」

「毛の色と質感が大事。黒い毛のニュアンスを抑えると柔らかい質感になり優しい印象に。パウダーとマスカラで色チェンジを。またモデルの森絵梨佳さんみたいに眉間を広くとって描くのも効果的」

Image title

黄色っぽい色みは逆効果。ライトブラウンを選んで。a コフレドール ブロウメイクコンパクト BR-40 ¥3000(編集部調べ)/カネボウ化粧品 b 落ち着きのある色合いで、上品な柔らかさをオン。ルナソル スタイリングアイブロウマスカラ 02 ¥2800/カネボウ化粧品


高橋里帆さん

A 「上手にぼかすことで眉印象が和らぐ♡」

「最後にスクリューでぼかすとき、ブラシを強くスライドさせると全部取れちゃうので注意。私は“押しぼかし”派。ブラシでそっと押さえると毛がグニュッと動き、それだけで程よくぼかせます」

Image title

Image title


Q 一重の目元を華やかに見せる眉ってない?

神崎 恵さん

A 「毛にツヤを宿すと華やかに」

「毛のフサフサ感が大事なので、毛流れや毛量を意識して眉メイクしてみて。あとはツヤも大切。クリアなマスカラでツヤを足すだけで、カッコよく、おしゃれになります」

Image title

眉の毛流れを自然に形づくって、眉毛に上品なツヤを演出。素早い乾きも魅力。ブロウ セット クリア ¥2600/M・A・C


高橋里帆さん

A 「横幅を出して眉尻長めの太眉にする」

「眉は目の額縁なので、眉の太さや長さによって目の大きさも変わって見えます。一重を華やかに見せるには、縦幅は広めに、眉尻も長めのほうが目が大きく見えますよ」

Image title


Q 毎年変わる眉毛のトレンド。追うべき? 追わぬべき?

高橋里帆さん

A 「トレンドは、裏を返すと悪目立ち、ということも。全部取り入れるより、どこかに自分流を交えると、トレンドを自分のものにしている感じが出せます」


神崎 恵さん

A 「もう、追わなくてもいいかも? でも、知ってて追わないのと、知らないで追わないのとでは全然違う。トレンドは把握しておくべき」



MAQUIA9月号

撮影/中島 洸〈まきうらオフィス〉(モデル) 松本拓也(物) メイク/神崎 恵 ヘア/村上ユミコ〈GARDEN Tokyo〉 スタイリスト/河野素子 モデル/中西麻里衣(マキアビューティズ) イラスト/Takako 取材・文/山崎敦子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

眉メイクを見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN