まっすぐラインでキリッと、デキる女性に仕上がる!【TPPO別アイライナー・オフィス編】

メイクアップ
いいね! 3件

オフィスでは、上司や部下、異性や同性、社内や社外など、あらゆる人からの視線が気になるもの。オフィスメイクでは信頼を得られるような清潔感に、どこか女性らしさを残すのが鉄則。ブラウンシャドウで作った王道グラデEYEと、ブラウンのアイライナーでストレートのラインを描きシャープな雰囲気に。ラインを引いたあと、三角綿棒でぼかせば輪郭の存在感はそのままに、自然な目ヂカラが実現します。きちんと感が必要な彼ママに会うときにも、これなら好感度間違いなし!

Image title

Image title

アイライナーの引き方はこちら!

【1】アイホールにアイシャドウのaのライトブラウンを指で入れ、細チップで二重幅にbのブラウンをON。太チップで下まぶたにcのダークブラウンを足して、ブラウンのグラデEYEに。後に引くライン感を残すため、先にシャドウをのせる。

【2】ペンシルアイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋める。まずは黒目の外側から目尻側1/3部分、次に黒目の内側から外側まで。目尻ラインがポイントになるので、目頭側1/2部分は引かずに黒目の内側までの順で、ペンシルを小刻みに動かす。

【3】目のキワは目尻側のみを埋める。このとき、目を開けたまま軽くまぶたを横に引っ張り、黒目の外側から目尻にラインを引いてキレ長感を。黒目の内側から目頭には引かないのが上品に仕上げるコツ。

【4】目尻のラインは、目を閉じて軽くまぶたを横に引っ張りながら「一(漢字の1)」を書くように、平行にまっすぐ引いて。長さは、眉尻の終点の位置を目指すと好バランス。


【5】目を開けたまま、三角綿棒で目尻から延長させたラインの下側をなぞるように軽くぼかす。その後、目尻の三角地帯を軽くひと拭いして、はみ出したラインや溜まっていたシャドウをオフ。ここにメイクが溜まっていると野暮ったく見え、メイク崩れも顕著に。上・下まつげにマスカラをON。

完成!(マスカラ塗布前)

切れ長の目に見えるアイラインを引きたいけど、キツくは見られたくない…。そんなときこそ、ペンシルタイプが得策。目尻を強調するためのラインには目頭部分には引かずに抜け感を与えれば、優しさと目ヂカラが共存する大人のキリッとEYEが完成。


【使用アイテム】

Image title【アイライナー】優しい目ヂカラを演出する深みブラウン。なめらか。デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ダークブラウン ¥1,200/イミュ

Image title【アイシャドウ】透明感のある5色のブラウンパレット。マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ BR505 ¥2,800(編集部調べ)/資生堂

Image title【マスカラ】オイル配合でまつ毛をケアしながら、上向きロング。ラッシュニスタ オイリシャス 01 ¥1,800/メイベリン ニューヨーク


ブラウス ¥13,000/リランドチュール ピアス ¥3,800/ジューシーロック


撮影/資人導〈vale.〉(モデル)、橋口恵佑(物) モデル/安座間美優 ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリング/高垣鮎美〈LOVABLE〉 文/佐藤梓


★アイライナー特集TOPへ戻る>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN