美眉作りの必須アイテム! 長井かおり式・眉メイクの三種の神器はコレ

メイクアップ

「MAQUIA」8月号では、長井かおりさんに「自分に似合う眉」になるためのテクニックを取材。揃えるべきアイテムや、眉メイクの順番などを教えていただきました。

Image title

長井かおり式

もっと私に似合う眉

印象操作に大切な“眉”。なのに、いつもメイク悩みの上位を独占するパーツ。今回は多くの眉を美眉に導いてきた長井さんに、「自分に似合う眉」になるための独自のフィロソフィーとテクニックを教わりました。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

多くのモデルや女優のメイクを手がける。分かりやすいメイク理論で多くの支持を集め雑誌、広告など幅広いジャンルで活躍。


長井かおり式

もっと似合う
メイクのセオリー

眉の重要性を説く長井さんのメイクは、テクニックだけに限らず下準備や考え方に哲学が!


1 ワンステップごとに
左右交互
仕上げていく

「片側の眉を仕上げてからもう片側の眉をメイク……これではテンションの違うメイクになってしまいます。ワンアイテムorワンステップごとに、左右交互にメイクを進めることでバランスよく仕上がります」

2 まず揃えるべきは
スクリューブラシ、ペンシル、パウダー
眉メイクの三種の神器

「眉毛が生えていない、極端に剃りおとした眉でない限り、基本はスクリューブラシ、パウダー、ペンシルの3アイテムで眉メイクは可能。パウダーパレットにもスクリューブラシがついていると出先のお直しにも本当に便利です」

1 眉やアイゾーンを立体的に見せる5色。ルナソルスタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4200/カネボウ化粧品 2 こだわりのブラシもセットイン! アイブロウ パレット 03 ¥4500/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 3 眉だけでなくまつ毛の整えにもお役立ち。シュエトゥールズブロー&アイラッシュブラシ ¥1200/資生堂 4 ノーテクニックで眉1本1本が描ける絶妙サイズと質感。アイブロウ スリム GY15 ¥3800/エレガンス コスメティックス

スクリューブラシは
30度折り
で神がかり的に
使いやすくなる

「ほとんどのスクリューブラシは角度がつけられます。スクリューの根元を指で30度に曲げるだけでOK。ブラシ部分が肌にフィットし断然眉毛の根元からとかしやすくなります」


「この角度が長井流。私が普段使うブラシはすべてこの角度になっています」


「スクリュー状でからまりやすいので、1回使ったらすぐにティッシュオフを」

4 ペンシルは
試し描きして
角をなめらかに

「ペンシルの使い始めは芯が角ばっていて、ライン感が出やすいので、使う前にティッシュや紙の上で試し描きし、芯の角をとるようになめらかにしてから使いましょう。このひと手間で仕上がりに差が出ます」

5 ペンシルは
中間より後ろ
を持つと描きやすい

「まるで字を書くときのようにペンシルの先を持っている人が多数。これでは筆圧が強くなり、やり過ぎ眉の原因にもなってしまいます。中間より後ろを持ち、デッサンするように軽いタッチで描きましょう」


「ペンシルの中間から少し後ろ部分を持つと、余分な力が抜け、自然な眉が描ける」


「先端に行くほど筆圧が強くなります。しかも指で眉が隠れ、メイクしづらくなる難点も」

6 印象操作は
眉尻の長さ
×眉山の位置

で決まる

「ほんの少しの眉バランスで、なりたいイメージにコントロール可能。カワイイ雰囲気に見せたいなら眉山は黒目に近い内寄りにして眉尻は少し短めに。大人っぽく見せたいなら眉山は外寄りにし、眉尻長めが鉄則」


MAQUIA8月号

撮影/向山裕信〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/西野メンコ モデル/辻元 舞 取材・文/靏田由香 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN