人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

実は下地が名プレイヤー! 「めぐる肌」を叶える血色仕込みのコツを伝授

メイクアップ

「MAQUIA」10月号では、活き活きとしたヘルシースキンに欠かせない「血色」を仕込むテクニックを長井かおりさんが伝授。血色アピールにはピンクの下地が最適!

Image title

理想の美肌のつくり方を、でっかプロセスで解説

血色仕込みツヤ足しベースで「めぐる肌」に

活き活きと、幸せ感も生命力もめぐったようなヘルシースキンに必要不可欠な「血色」と「ツヤ」。その2つを仕込む全行程を新作アイテムでご紹介。ひと手間で、肌印象が変わる!?


Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん


色の力と輝きを信じて
めぐる肌メイクを極める

“めぐり”は美肌印象をもたらすだけでなく、ポジティブでヘルシーにも見えるポイント。そのためには「血色」と「ツヤ」が欠かせない、と、長井さん。

「“血色”と“ツヤ”はまさに、めぐりのよさを象徴するもの。この2つをきちんとおさえれば、たちまち美肌感をもたらすことができます。多種多様な秋冬の新作ベースアイテムからセレクトしたいのは、イエベorブルベに関係なく、血色感をもたらすキーカラーとなるピンク下地やフェイスパウダー。また、即座にツヤ足しできるハイライトやクリームファンデも狙い目です。難しいテクは無用。これらを活用すれば、ほんのひと手間でめぐる肌が叶います」


血色仕込み

まずはピンク下地で、
肌の一枚奥に血色感を

血色は仕上げのチークで!というケースが多いけれど、実は下地が名プレイヤーに。「肌によりリアルな赤みを与えるならベースの1stステップとなる下地を重視。血色アピールに最適な“ピンク”をしっかり色出しして、肌の奥からジワッと上気するような赤みを灯すのが正解」


Image title

1 いつもより多めの量でピンクみをしっかり出す

下地を手の甲にとる。しっかりとピンクみを出すため、少なめは厳禁。基本的な使用量より少し多めにとるのを意識して。


Image title

2 なると状に肌のせして手早く! ムラなく!

下地は点置きではなく、なると状にのせる(両頬は大きめ、額とアゴは小さめに)。このように置くことで素早くムラなくのばせる。


Image title

3 クレープをのばすように内から外へなじませ

なると状にのせた下地は、両手の指の腹を使い、内から外へ放射線状に、クレープ液をのばすように薄く顔全体に広げる。


Image title

A 3色のパールで華やか肌に。パール ファンデーション プライマー 003 30ml ¥3500/ポール & ジョー ボーテ(9月1日限定発売) B なめらか肌へ。エレガンス モデリング カラーアップ ベース PK100 SPF25・PA++ 30g ¥4500/エレガンス コスメティックス(9月16日発売) C 毛穴も目立たせない。ちふれ メーキャップ ベース クリーム UV 1ピンク SPF19・PA++ ¥700/ちふれ化粧品(9月上旬発売予定) D ハリ感ある肌へ導き、うるおいもキープ。トリートメント セラム プライマー SPF15・PA+ 30g ¥6000/SUQQU(9月6日発売)



MAQUIA10月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/福永いずみ モデル/スミス 楓 取材・文/靏田由香 構成/木下理恵(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

【MAQUIA10月号☆好評発売中】

長井かおりさんの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN