【ケイト・キャンメイクほか】ALL¥1700以下のプチプラコスメ

メイクアップ

プチプラコスメはセンスよく取り入れてこそ、真のメイク好き。「MAQUIA」5月号では、人気4大ブランドの激売れアイテムをリサーチ!

Image title

ヒットの裏に理由あり!

\PRが太鼓判/

プチプラ神ブランド徹底研究

「プチプラコスメと言えば」な、4大ブランドの激売れアイテムをリサーチ。人気の理由や誕生秘話、プロダクトのこだわりを知ると、もっと欲しくなる!

細やかな気配りが随所に光る
インテグレート


(右)
資生堂
インテグレート
ニュアンス アイブロー
マスカラ BR672

パウダーのようなテクスチャーでベタつかず、眉を自然に染め上げて、ふんわりトーンアップ。全4色から好みのトーンを選べるのも嬉しい。


(左)
資生堂
インテグレート
プロフィニッシュ
ファンデーション

スルスルとパウダーが肌に広がり、毛穴や色ムラ等の肌悩みをカバー。厚ぼったさを感じさせない、透明感のある素肌のような仕上がりに。


ご自慢“ウラ話”
PR 清水沙耶花さん

テクニックレスでプロ級の仕上がり

ヘア&メイクのイガリシノブさんが「こんなに使いやすいアイブローマスカラは初めて!」と絶賛してくださいました。簡単にプロ仕上げが叶うファンデーションも人気です。

簡単に、今までにないキレイが叶う
ケイト


(右)
カネボウ化粧品
ケイト スーパーシャープ
ライナーEX BK-1

漆黒の液がかすれることなく描け、ハネや埋めもお望みのまま。フィルムタイプのため、汗や水、皮脂に強く、お湯でサッとオフが可能。


(左)

カネボウ化粧品
ケイト
デザイニング
アイブロウ3D EX-4

濃淡3色入りのパウダーは、眉だけでなくノーズシャドウにも。ダブルエンドのブラシも使いやすく、簡単に理想の眉を描くことができる。


ご自慢“ウラ話”
PR 堀 哲之介さん 

機能性とコスパの良さが抜群です

発売当時、眉は1色で描くのが定番だった中、ノーズシャドウを含む3色のパウダーで簡単に立体感が出せると大ヒット。アイライナーの筆は「ぺんてる」と共同開発しました。

バズる優秀アイテムがたくさん
キャンメイク


(右)
井田ラボラトリーズ
キャンメイク
マシュマロ
フィニッシュ
パウダー

大きさの異なるカバーパウダーを配合し、毛穴や凹凸もカモフラージュ。スクワランやオリーブ油等、10種の美容成分入りで乾燥しにくい。


(左)
井田ラボラトリーズ
キャンメイク
ウィンクグロウ
アイズ 03

より輝く繊細パールを採用し、ツヤやかな目元が手に入る。伸びがよくグラデーションもしやすいうえに、ピタッとフィットしてヨレにくい。


ご自慢“ウラ話”
PR 北澤実和子さん 

口コミで人気に火がついた2品

パウダーは「底が見えるまで使ってしまうほど、愛用!」という声が続出。人気のアイベースの色づきver.として完成したアイカラーは、“濡れツヤ”感にこだわりました。

目元づくりのプロフェッショナル
メイベリン ニューヨーク


(右)
メイベリン ニューヨーク
メイベリン
ラッシュニスタ N 01

こだわりの超軽量ファイバーで、まるで自まつ毛のように長くカールアップした仕上がりに。目頭や目尻も塗りやすい特殊ブラシにも注目を。

(左)
メイベリン ニューヨーク
メイベリン
ハイパーシャープ
ライナー R BK-1

0.01㎜の超極細の筆先ながら、太さのある根元で手ブレを吸収。スッとハネた先まで美しく、狙い通りのラインが描ける。お湯オフタイプ。


ご自慢“ウラ話”
PR 渡邊友里さん 

アイメイク悩みを解消できます

日本人のまつ毛のために開発されたマスカラは、フィルムタイプで難しいとされてきた上向きキープを実現。アイライナーは2010年に発売以来、累計売上総額35億円超え!


MAQUIA5月号

撮影/Kevin Chan スタイリスト/山本瑶奈 構成・文/森山和子 浦安真利子 企画/吉田百合(MAQUIA

【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN