抜け感のある大人の囲み目メイクは点置きラインがポイント【TPPO別アイライナー・女子会編】

メイクアップ

囲み目メイクは、ギャルっぽくもあり、ひと昔前のようにも見え、さらには目が小さく見えてしまう…など、マイナスイメージを持っている人も多いはず。でも、目元全体をぐるっと囲まずに、上下の目頭部分を抜くだけであか抜けた今っぽい囲み目メイクが完成。目ヂカラとデカ目を同時に叶えることができ、同性の視線が厳しい女子会でも注目を集められるはず。下まぶたを囲むときは一気に引かずに、スタンプするように点置きしていくと、濃くなりすぎず程よい抜け感が生まれます。

Image title

Image title

アイライナーの引き方はこちら!

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

【1】アイシャドウのaのラメベージュとbのマットベージュをブレンドし、太チップでアイホールにON。下まぶた全体も同様に。その後、細チップでcの3色のブラウンを混ぜて二重幅広めにのせる。下まぶた全体も同様に。上下まぶたにグラデーションを作る。

【2】ペンシルアイライナーで、目頭から5mm程は抜かして、目尻までまつ毛とまつ毛の間を埋める。鏡を下に置いて、伏し目にしながらアイライナーを小刻みに動かすと失敗しにくい。それでも描きにくい人は、片方の手でまぶたを軽く持ち上げて。

【3】目頭から5mm程を抜かして目尻まで、目のキワをペンシルで埋める。このときもプロセス【2】と同じような姿勢で引くと、ブレずにキレイなラインを描くことができる。目尻側のラインは長さを出さずに、目の形に沿ってストップ。

【4】下まぶたは目尻から目頭に向かって、目のキワ部分にペンシルアイライナーで点置きする。上まぶたのように線で引いてしまうと強すぎてしまうので、優しくスタンプするように点置きが必須。下まぶたの目頭は、目頭から1cmは触らないで。

【5】アイシャドウのcの3色をブレンドしたブラウンを細チップに取る。上まぶたの黒目の外側から目尻のキワに引いたラインをなぞり、立体感と陰影をプラス。チップは目尻側でピタッと止めないで、すうっと抜くのがコツ。上下まつ毛にマスカラを塗布。

完成!(マスカラ塗布前)

上下まぶたにグラデを作り、その上からライナーで目頭から5mm程を抜かして、目元全体をぐるっと囲む。シャドウの深みが増すのはもちろん、目ヂカラとデカ目も両立。目頭のラインを抜いた囲み目メイクこそ、大人の今どきアイメイク!

【使用アイテム】

Image title【アイライナー】美発色のブラック。にじみにくいウォータープルーフ処方。アイスティロ ウォータープルーフ 1 ¥3,400/イヴ・サンローラン・ボーテ

Image title【アイシャドウ】絶妙な深みを与えるスモーキーベージュのパレット。 ルナソル フェザリースモーキーアイズ 01 ¥5,000/カネボウ化粧品

Image title【マスカラ】重ね塗りしてもダマ知らず。マスカラ ヴォリューム エフォシル WP ザショック 全1色 ¥4,400/イヴ・サンローラン・ボーテ


ニットトップス ¥9,000/マイストラーダ チョーカー ¥8,000/ジュエッテ 


撮影/資人導〈vale.〉(モデル)、橋口恵佑(物) モデル/安座間美優 ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリング/高垣鮎美〈LOVABLE〉 文/佐藤梓


★アイライナー特集TOPへ戻る>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN