いざイタリアへ!恋する夏の旅アバンチュール映画 part.2『ジュリエットからの手紙』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 0件

夏の旅行の予定に胸躍らせている人も、これから計画する人も必見!観ただけで遠出した気分が味わえる旅ムービーをピックアップ。今回は、いざイタリア・ヴェローナへ! もしも『ロミオとジュリエット』のジュリエットから手紙が届いたら…? イタリアを舞台にした、50年前の悲恋を追ったロマンティックなラブストーリーをご紹介!


50年前の恋の相手を探す

イタリアを舞台にした

美しきロードムービー

Image title★今回のおうちでシネマ★

『ジュリエットからの手紙』

監督/ゲイリー・ウィニック 出演/アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、フランコ・ネロ ¥3800 発売元・販売元/東宝 ©2010 Summit Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

〈ストーリー〉

ニューヨークで雑誌の調査員として働くソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者のヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とイタリアのヴェローナに婚前旅行にやってくる。ひとりで観光していたソフィはジュリエットの家を訪れ、50年前に書かれたジュリエット宛の手紙を発見する。



モチーフは

ジュリエットから

届く手紙!?

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

『ロミオとジュリエット』の舞台となったイタリアのヴェローナに、今もジュリエット家のモデルとなった建物が現存しているのを知っていますか? 


観光スポットになっているその家には、ジュリエット宛に恋愛相談をしたためた手紙が世界中から寄せられ、市のボランティアによって英語やフランス語、ドイツ語や日本語など、それぞれの言語で返事が届くのだそう。


映画はそんな“ジュリエット・レター”をモチーフにしたラブストーリーです。



旅先での

思わぬ出会いが

人生を動かす!

Image titlePhoto : THE KOBAL COLLECTION / Zeta Image


ヒロインはアマンダ・セイフライド演じるジャーナリスト志望のソフィ。幸せいっぱいの婚前旅行をしていたはずが、50年前にイタリアで恋に落ちたイギリス人女性のジュリエット・レターを見つけたことで急展開。


叶わなかった初恋を取り持とうとボランティアの一員として返信し、手紙の主である老女クレアと共に、初恋相手を捜す旅に出てしまいます。


ソフィを置き去りにして仕事で飛び回る婚約者のデリカシーのなさがそもそも問題ではありますが、旅先でも大いに好奇心を持って突き進む、ソフィのフレキシブルな行動力と何事も楽しむ姿勢は見習いたいもの。



運命をつかみ取る勇気を持つことが何よりも大切!

50年前の恋の相手を探す旅はとても映画的でドラマチックではありますが、決して「運命の相手であれば何年経っても出会えます!」と謳う、甘っちょろくて生ぬるい展開にならないのがこの映画の魅力。


「もしもあの時……」と長年後悔するよりも、「自ら運命をつかみ取る勇気を持つこと」が何よりも大切だと説く、前向きで現代的なメッセージに好感が持てます。


そう、初恋相手を捜すクレアだけでなく、ソフィの恋模様にもちゃんと変化が起きるのです。相手は見てからのお楽しみ。


燦々と太陽が降り注ぐ美しいイタリアの風景と、金髪をなびかせるとびきりチャーミングなソフィ役のアマンダ・セイフライドは、見ているだけでヒーリング効果アリ。この夏旅行に行けない人は、ぜひ。


Image title

『ジュリエットからの手紙』

¥3,800 発売元・販売元/東宝 ©2010 Summit Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

 



旅のアバンチュール映画パート1はココからCheck!!>>

フランス、パリへ誘う!

ウディ・アレン監督のファンタジー映画『ミッドナイト・イン・パリ』>>>



〈映画ライター/松山 梢〉

映画のヒロインに感情移入することでかろうじて「女」であることを維持している、三十路まっただ中のライター松山 梢です。自分に足りない女っぷりを向上すべく、そして美意識の高いマキアオンライン読者の女っぷりをさらにアップさせるべく、愛すべき女子向け映画&ドラマを紹介していきます!



《関連リンクはこちら》


【松山 梢の女っぷり向上シネマ】


★こじらせ女子必見!ほとけ系男子なら恋も上手くいく!『ハッピーエンドが書けるまで』 >>


★こじらせ女子必見!ほとけ系夫なら結婚も上手くいく!『ビフォア・ミッドナイト』>>


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN