美腸 が美人をつくるカギ☆ 知られざる腸の美容効果を1分で学ぶ!

ボディ
いいね! 0件

冷えきったぽっちゃりボディに不安定なメンタル、トラブル続きのお肌も、……美腸がその改善のカギを握っていた! 今回は「MAQUIA」9月号から、腸の美容効果を教えます。

Image title

腸が健康なら、心も体もトラブル知らず!


免疫を司り、自律神経を安定させ、代謝や美肌に欠かせないビタミンやホルモンを合成するなど、腸には美に直結する役割が。


マザーアロマ主宰・腸もみのプロ砂沢佚枝さんによると、「腸のぜん動運動が活発に行われると、副交感神経が優位になって腸管から幸せホルモンのセロトニンが分泌され、気持ちも前向きに。老廃物が排出されることでめぐりもよくなり、むくみや冷え、代謝低下も解消できます」とのこと。


美腸をつくるコツは、毎日のちょっとした心がけと腸もみ習慣。


「水分や食物繊維を積極的に摂る、きちんと眠るなどの生活習慣に加えて、腸もみで外側からもアプローチすればより効果的です!」



イライラ・不安防止


小腸は「腹脳」とも呼ばれ、食物だけでなく感情の消化も担う臓器。不安や焦りなど消化しきれない感情が溜まると異常な収縮反応を起こして病気の原因になることも。腸の動きが正常になると、副交感神経が優位になって小腸からヒーリング効果のある伝達物質「セロトニン」が分泌されるので、穏やかな気持ちに。



免疫力アップ

年齢とともにビフィズス菌は減少する


Image title

腸は、免疫細胞の70%が集まる最大の免疫器官! この免疫細胞を活性化して、腸内環境を整える働きを持っているのがビフィズス菌に代表される善玉菌。ただし、ビフィズス菌は年齢とともに減少してしまうため、美腸維持にはエサとなる食物繊維や乳酸菌などを積極的に摂る心がけを。



【次ページをチェック】まだまだある!腸もみの美容効果とは?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN