自分で出来る【こぶしカッサ】で、むくみ知らずのスッキリ美脚に!

ボディ
いいね! 1件

フェイスラインやボディラインのこりやむくみは、自分のこぶしひとつでできる“こぶしカッサ”で、いつでもどこでもスッキリ流しましょう!  「MAQUIA」9月号では、人気ほねつぎ師直伝のメソッドを公開中。その中から、太い足首やウエストなど、ボディラインをくずす筋肉のこりやむくみの撃退術をお見せします。

Image title

教えてくれたのは…

代官山Dr.Bones山口整骨院

山口良純さん

柔術整復師、鍼灸師。レーザーと手技を組み合わせてカラダの歪みを正す、独自の施術が評判。


前回の記事、こぶしカッサを行なうときのポイントはこちら≫≫


【ふくらはぎ】

(TOP画像)


ぷっくり盛り上がったふくらはぎをスリムにするには、ひざ裏をほぐすこと。ひざ裏を流れる膝窩静脈の流れを促せば、ひざから下の老廃物回収がはかどり、むくみを改善できる。


曲げたひざの裏をもむ


椅子に座ってひざを曲げ、ひざ裏をこぶしでよくもむ。ひざ裏が伸びたままだと、腱を傷めるので注意して。



【足首】


くびれのない真っ直ぐな足首は、脚全体を太く見せてしまう要因に。そこで、アキレス腱の左右にたまったむくみを、こぶしカッサで排除。キュッとくびれた足首を目指そう!


1. 内くるぶしをさするImage title

椅子に座って、足首を逆の脚の上にのせる。内くるぶしの後ろ側を、親指の第一関節でさする。


2. 外くるぶしをマッサージImage title

座ったまま上げていた足を下ろして床につけ、今度は外くるぶしの後ろ側を、親指第一関節でさする。



【太もも】


太ももの上部が横に広がってしまうのは、筋肉がこっているため。こぶしカッサでこりをほぐして筋肉の弾力を取り戻せば、外側に張り出した太もものラインを、直線的に整えることができる。


太ももの脇を上下にこするImage title

こぶしの第三関節で、太ももの脇を上下にこする。立ったままだとやりにくい場合は、座ってもOK。



MAQUIA9月号

撮影/内田優子 ヘア&メイク/林 由香里〈ROI〉 モデル/石上智恵子(マキアビューティズ) イラスト/斎藤よしこ 取材・文/風間裕美子 構成/火箱奈央(MAQUIA)



【MAQUIA9月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫


あなたのこぶしが万能カッサに! いつでも、どこでも出来る 【小顔&パーツ痩せ】≫≫



イタ気持ちいい【セルフ骨気~コルギ~】でキュッと小顔、たるみもオフ!≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN