“万年ダイエッター”になってしまうのはなぜ? ボディ美人が痩せない原因をバシッと回答

ボディ
いいね! 2件

健康的に美しく痩せるには、 日常生活の中に「痩せグセ」を取り入れること。「MAQUIA」11月号では、ボディ美人に痩せグセを聞きました。Image title

日常化こそダイエット成功の鍵
\見習うべきは/
ボディ美人の痩せグセ

健康的に美しく痩せる秘訣は、 日常生活の中に痩せる習慣=「痩せグセ」を取り入れることにあり。一度、痩せグセを身につけてしまえば、無理なく自然にボディ美人を目指せます。


なぜ私たちは永遠にダイエットを続けているんですか?

痩せては太るを繰り返し続ける“万年ダイエッター”の魂の叫びにボディ美人がバシッと回答します!

Image title

ダイエット美容家
本島彩帆里さん

元エステティシャンの知識を生かした美容・痩身情報が話題。近著に『やせる#ほめぐせ』(ワニブックス)。

「巡りが悪いから」

血液には、体の中の不要なモノを排出し、 栄養を全身に運ぶ大切な役割が。その血液の流れが悪くなると、老廃物が溜まりやすくなり、必要な栄養素が行き届かず内臓機能も低下。 代謝が悪くなってしまいます。また、 血液は熱を運ぶ働きもあるため、 巡りが悪いとカラダが“冷え太り”状態に。そうなると、カロリーオフの食事やハードな運動をしても無駄。巡りの改善なくしてダイエット成功はあり得ません!


Image title

インナービューティープランナー、管理栄養士
木下あおいさん

自身のダイエット経験をもとに、内からの美を追求。食事を中心とした「食べる美容」で痩せるテクを発信。

「目的が曖昧だから。楽しく美味しく食べて、自分がキレイになる方法を探して!」

ダイエットに失敗する人は、目的がクリアでないという共通点があります。目の前の欲に勝ち、失敗を繰り返さないためには、まず目的を明確にしましょう。また「ダイエット=苦しい」のであれば、自分に合っていない方法なのかも。例えばお菓子を食べて幸せを感じるのであれば、楽しく美味しく食べる。その前後の食事で調整すればOK。自分の性格を分析して、楽しく続けられる方法を模索して。

Image title

美容家
山本未奈子さん

MNC New York Inc.代表。女性の美に関するプロデュースなど、多方面で活躍。最近はヨガに夢中♡

「人の代謝のピークは13歳。あとは落ちていくだけなんです!」

基礎代謝は年齢と共に低下し、30代以降の女性では10代の頃の半分近くにダウン。放置すれば脂肪が蓄積しやすくなり、どんどん痩せにくくなってしまいます。適度な運動と食事制限、そして何より代謝を高める工夫が必須!

Image title

モデル・姿勢&ウォーキングアドバイザー
仁香さん

姿勢・ウォーキングアドバイザーの資格を生かし、レッスンを開催。新刊『美人な歩き方』(SBクリエイティブ)。

「どんなにダイエットしても姿勢と歩き方が悪ければ、痩せない!」

猫背の姿勢でいると、腹筋が使われにくくなるのでお腹まわりに脂肪がつきやすくなります。外側に重心をかけて歩いている人もよく見かけますが、ふくらはぎの外側の筋肉が発達して、足がたくましくなる原因に。また姿勢や歩き方が悪いと、骨盤のゆがみを招く可能性も。内臓の位置が下がり、代謝が落ちて脂肪や老廃物が溜まりやすいカラダになります。日常動作を見直さないかぎり、真の美ボディは手に入りません!

Image title

メンタルトレーナー
酒向杏奈さん

宝塚歌劇団で娘役として活躍。退団後はメンタルトレーナーとして、美容なども含めた女性向けセミナーを開催。

「自己否定感がダイエット挫折の原因!」

ダイエット開始当初は、 意欲が溢れていて「毎朝走る!」 などと行動目標を高く設定しがち。ハードルが高いと、 達成できない日もあって当然ですが、 そのたびに人は「やっぱり私はダメだ……」と自分の人間性を否定してしまうもの。その結果心が疲れてしまい、諦めモードに突入→ 行動がストップしてしまうのです。ダイエットを長く続けるには、前向きな心を育む目標設定が大切です。

Image title

常に「やる気」が「行動目標」を上回るように、 少しずつ回数や時間、 内容のレベルを上げて、 確実に達成していく。成功体験を積み重ねることで、 自信とやる気が育まれます。

Image title

睡眠コンサルタント
友野なおさん

睡眠を専門に研究。『大人女子のための睡眠パーフェクトブック』(大和書房)など著書多数。

「ぐっすり眠れていないから」

適切な睡眠がとれていないと、食欲を増進させるホルモンである「グレリン」が増加し、 食欲を抑えるホルモンの「レプチン」が減少。睡眠不足だと「しっかり眠った時に比べて食欲が25%も増す」といわれています。また寝不足だと、 糖質と脂質への欲求が強まってしまう、という実験データも。食べたい欲求が抑えられない原因は、あなたの“質の悪い睡眠”にあるかもしれません。


MAQUIA11月号

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉(仁香さん、本島さん) 堀 紘輔〈+nine〉(山本さん) 取材・文/平田桃子〈verb〉 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN