【まつ毛カールが一日中持続するメイクのコツ】まつ毛“カール”、“マスカラ” を塗る「タイミング」命!

メイクアップ
いいね! 7件

まつ毛カールが上手くできない、カールしたまつ毛がすぐに下がってしまう… お悩みを持つ方必見!【tamaneko的】一日中カールキープ!ぱっちり上向きまつ毛をつくるメイクテクをご紹介。


Image title


カールが一日中持続するまつ毛メイクのヒントは・・・巻き“髪” の仕方&長持ちさせるコツ にあり!?

ここ最近 安定して思い通りのまつ毛に仕上がっているので ♪・・・

私のまつ毛メイクの手順、まとめてみました!



使う “まつ毛メイク” アイテムは こちら。


Image title

(↑)左から マスカラトップコート(クラランス「ダブルフィックスマスカラ」)、マスカラ(マジョリカマジョルカ「ラッシュエキスパンダー ロングロングロング」)、マスカラ下地(ベネフィーク「セオティマスカラベース」)、コーム(2本ともイプサ。マスカラ、マスカラ下地用に分けて使っています。)、カールブラシ(以前のマキア付録)、ホットビューラー(パナソニック「まつげくるん」)、ビューラー(資生堂)



Image title



ひとまずアイシャドウのみ塗った状態。(アイラインなし、まつ毛は何もしていない素の状態。)

まつ毛は不揃いでボサボサ、下向き



<まつ毛メイクスタート!> 

まずはブラッシング。カールブラシでまつ毛をとかし、まつ毛に付着しているホコリ、アイシャドウの粉などを取り除いておきます。

その後ビューラーを使って、グイッと根元から上向きカール。

そしてまつ毛に(巻き髪カーラーウォーター ならぬ…)マスカラ下地を塗布。この後 熱を加えて巻く(カールする)ので、熱による痛みからまつ毛を守り、さらにカールのモチを良くするため。


この段階でまつ毛は上向きになったものの、まだ不揃いの状態。



(コテ ならぬ…)ホットビューラー「まつげくるん」登場!


Image title

(↑ 写真下のブラシは、付属品のお手入れブラシ。)

Image title

ヒーターの熱+回転コームで、(カールブラシの使い方と同様)まつ毛の根元からまつ毛を持ち上げるように使います。


ホットビューラーを使って まつ毛をカールしつつ、コームでセパレートし、まつ毛をきれいな扇状に整えていきます。

ただここで注意!

まつ毛に塗ったマスカラ下地が適度に乾いてから巻きます

マスカラ下地を塗ってすぐ、まつ毛が湿った状態で巻いてしまうと、水分で巻きがだれてしまうため。カールのクセがつきなくくなってしまいます。

また、逆にマスカラ下地が乾きすぎてカピカピに固まってしまっても、巻けなくなってしまい×。

まつげくるんで巻くタイミングは、(見極め難しいのですが…)まつ毛が湿ってベタベタ過ぎず、乾き過ぎず、の状態がベスト。

マスカラ下地が乾くまでの時間、私の場合アイラインを引いたり、ビューラーをあててヨレた部分のアイシャドウを塗り直したり、その他メイクの手直しをしています。


さらにここポイント!

熱でカールをつけた後、冷えるときに形状記憶されます

そこで、まつげくるんで巻いた後は熱がとれるまで放置。マスカラ下地は完全に乾かします。(乾くまで マスカラ塗らない!)


ここまでの地点で、ほぼまつ毛メイク完了。まつ毛の形状は整え終えた状態になります。



仕上げに(キープ用ヘアスプレーならぬ…)マスカラを塗ります。

これまた巻き髪ヘアセットと同様、あまり塗り重ね過ぎると重みで せっかくのカールがだれてしまうので要注意。

マスカラはまつ毛を極薄りコーティングする程度で塗るのがベスト。

よって最近ネイビーカラーのマスカラ下地が重宝しています。白のマスカラ下地だと、どうしても白さをカバーするためマスカラが厚塗りになりがち。けれどネイビーなら多少マスカラを塗りモレても目立たず、極薄塗りが可能。


さらにマスカラトップコートを使えば、より滲みにくい仕上がりに。カールキープ力もアップ。(こちらも重みが出ないよう、さっと薄塗りでOK。)




以上、

【tamaneko的】一日中カールキープ!ぱっちり上向きまつ毛をつくるメイクテクでした。

まつ毛メイクは、私的に…

カールする(巻く)、マスカラを塗る…  “タイミング” がポイント かと、




ところで髪と同様、ホットビューラーで熱を加えて巻くので、まつ毛が痛みやすく…。育毛だけでなく、毛質ケア(トリートメント)効果のあるまつ毛美容液でケアが必要。

Image title

(↑)ダメージを補修して、まつ毛のハリ・コシを保つ!資生堂プロフェッショナル「アデノバイタル アイラッシュセラム」



また、ホットビューラー、コーム、カールブラシは定期的にお手入れ必須。汚れが付いたまま使い続けるとダマの原因になってしまうので注意。(「まつげくるん」は先端コーム部分が取り外し可能。付属お手入れブラシで使用3〜4回に一度はお手入れします。コームは使う度ティッシュで付着したマスカラ液を拭き取ります。) 





相当不揃いでボサボサ、下向きまつ毛の私…(泣)整った扇状まつ毛を目指して、より理想の仕上がりを叶えてくれるマスカラ&マスカラ下地、そしてメイク法をまだまだ模索中です。


★カールキープ重視で選ぶ!おすすめマスカラ については、こちら。↓ <最近 追記しました。>

滲まない!カールキープ重視!のALL1,500円以下 プチプラ「マスカラ」ランキング


★今お気に入りの おすすめマスカラ下地 については、こちら。↓

【抜群のカールキープ力&ロング効果!おすすめ「マスカラ下地」】“ダークブルー”カラーがクリアな瞳を演出。ベネフィーク「セオティ マスカラベース(ブラックフォーカス)」





RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN