【メイクでもエイジングケア】コンプレックス、老化のサインをカバーするメイク、ゲランで教えていただきました♪

メイクアップ
いいね! 3件

ゲランのカウンターで、コンプレックスや老化のサインをカバーするメイク、教えていただきました♪


Image title


先日、ゲラン専属メイクアップアーティストさんにメイクをしていただく機会をいただきました。

「これぞ、プロの技!」というメイクを体感でき、絶対マネできない… 仕上がりの美しさに感動!


そして、私が気にしていること(コンプレックスに感じていること)(以前の記事にも書いていますが…)、

顔のゆがみ(とくに目元、左右非対称)。

目のくぼみ、骨格がハッキリしすぎている(ゴツゴツした印象)、エラはり。

そして、それらが加齢とともに、より目立ってきている。・・・


これらの悩みを解決する“メイクのコツ”を教えていただけたので、以下 書いてみたいと思います。


(最近ではシャネルでプロにメイクしていただく機会がありましたが(前記事こちら→)、そちらは最旬トレンドメイクを、今回ゲランでは、まさに自分に「似合う」メイクをしていただけた感じです!)




【使用コスメ】

Image title



【眉】

描き方の基本!→色は髪と瞳の色の中間の色がベスト。(髪色に合わせれば良いものだと思っていました…。瞳の色にも配慮が必要!)

眉頭はふわっと薄め、眉尻向かって濃いめに。

アイブロウペンシル(「クレヨン スルスィル」)とパウダー(アイブロウパレット「エクラン スルスィル」)使用。

Image title


顔立ちの印象を左右する重要なパーツ、眉。眉にこだわりのあるアーティストさんで、特に丁寧に仕上げていただきました。(眉をこれほど丁寧に描いてもらったのは初めててかも!というくらい…。)

私の眉は毛量少なめなので、つい張り切って“描いて”しまいがち。あまり長く“描き”すぎず、カーブをつけずに、がポイント。



【目元】

ピンクブラウン アイシャドウ × ネイビー アイライナー

定番ブラウンアイシャドウ(「パレット サンク クルール 06」)で仕上げた目もとに、一見ブラウンと対立する色 ネイビーのアイライナー(「クレヨン ユー 04」)を合わせることで、ナチュラルだけどインパクトのある目元に。またネイビーのアイラインは白目をより白くみせる効果もあり!


同じシリーズのアイシャドウパレットでブラウン色は、パレット サンク クルール 「02」があるのですが、くぼみが気になる私の目もとには、少しピンクが入った淡い色「06」がおすすめとのこと。

ブラウンでも濃いめの色だと影色となってくぼみが増長されてしまうため。

また、濃い色アイシャドウを使って仕上げるとくすんで見えやすく、その分ハイライトカラーも必要になる→目元が厚塗りになりシワよれのリスクも出てきてしまうため。


ペンシルアイライナーは筆にとって、のばし、(アイシャドウを足しながら)ぼかす

Image title

アイラインを引くときは、年々下がりつつある目尻を軽く指で引き上げると、引きやすいそう。


Image title

Image title

アイホールにはパレット中央の2色(淡いピンクとブラウン)を。

今まで「アイシャドウを塗る範囲」というのがイマイチ分からず、曖昧にしていたのですが(アイホール、二重幅って、どこまで…?!)、何となく解決された気がします!

私の目の形の場合、アイホールに入れるアイシャドウはくぼみのラインまで。目頭側はあまり濃く入れすぎないほうが良いようです。

また目尻側も、あまり外側まで塗りすぎず(はね上げすぎず)、(↑)この目尻外側ネイビーのラインあたりで とどめておくのが良さそう。


そして、

目元、左右非対称 問題について

(アーティストさんからは「あまり分からないので、それほど気にする必要ないかも。」と言われたのですが・・・)

あえて整えるなら…と、片目の まぶた上 くぼみ部分に、ほんの少しだけ影色(アイシャドウ)を入れて、両目の骨格(ホリ部分)をそろえていただきました。

あからさまに左右で違うメイクをするのはNG!(表情の動きで絶対バレるから)とのこと。



このアイメイクがとても気に入り、アイシャドウパレットとペンシルアイライナーを購入♪

これと全く同じメイク(↑)は、できそうにありませんがw ピンクブラウンのアイシャドウは私にとって大活躍間違い無し!黒すぎず、青すぎず、絶妙発色!なネイビーのペンシルアイライナーは、時間が経っても滲まず色モチもよかったので、使うのが楽しみです♪



続きます!

老け顔回避!チークの入れ方、

立体的なリップに仕上げるコツ!

次ページにて≫≫



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN