人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

超高画質対応!業界御用達ブランド「江原道」の春コスメが優秀すぎる!

メイクアップ

2018年2月3日(土)発売のファンデと3月4日(日)発売のリップクリームを、一足早くお試しさせていただきました!

Image title

江原道

マイファンスィー グロス フィルム ファンデーション 全6色 SPF30 PA+++ レフィル/スポンジ1個付 4600円(抜) ケース別売 1200円(抜)

UVリップトリートメント(リップクリーム)(限定品) コーラルベージュ SPF16 PA+ 2500円(抜)


江原道のファンデといえば、

無鉱物油、無香料、ノンパラベン、石油系界面活性剤不使用、タール系色素不使用、紫外線吸収剤不使用

にもかかわらず、数々の映画で女優さんのメイクに使われている「業界御用達ファンデ」としてもおなじみ。

(→このページから、タイアップ作品をチェックできます。「へぇ、あれも。え?これも?」となること間違いなし。)


私もクリームタイプのモイスチャーファンデーションを使ったことがありますが、スクリーン映えも納得のカバー力。でも作り込んだ感じはしない絶妙なテクスチャー。

隠したいものの多い私にぴったりでした。


初挑戦のパウダーファンデも優秀!

Image title


カラーは、標準色の113

Image title


私は標準色だと、赤黒かったり黄色過ぎたり、ワントーン暗くなることが多いですが(それをあえて使ってハイライトでメリハリをつけることもありますが)、こちらはまるで溶け込むようになじむカラー。

自然な明るさが出ることに加え、赤みと黄みのバランスがいいんだと思う。


そう、このファンデを塗ると、肌が白くなるんじゃなくて、明るくなるんです!

多分ソフトフォーカス成分のおかげ。

ふわっといろいろ誤魔化せます。特に鼻のてっぺん&小鼻周りの毛穴。

とはいえ、そこはお見苦しいので、手の甲でご確認いただきましょう。


左:何も塗ってない状態。右:ファンデを二度塗りした状態。

Image title

これぐらい寄ると判別できるけど、ぱっと見、毛穴消失。

自分でも見惚れるくらい、美しい甲になりました。


シルキーで滑らかな美肌に見えるのは、独自開発原料「グロスフィルムパウダー」がピタッとフィット、肌の凹凸をしっかりカバーしてくれる効果によるところも大きいと思う。


そして、付属のスポンジで仕上がりのクオリティは更にアップ↑↑↑

もちっとした触感で、ファンデがスルスル伸びてくれます。

Image title

ほんと江原道はツールも優秀。(フェイスパウダー用パフも現在進行形で愛用中。)


↓これは一度塗り。しかも軽め。↓

Image title

シミは透けて見えてるけど、クスミはしっかりカバーできました。

何といっても、ふわっとヴェールをかけたようなツヤ感が美しい!

モイスチャーファンデーションもそうだけど、やっぱり写真で見ると、美肌感がアップする気が。)


更に、ここ最近の冷たい風に吹かれまくった日でも、乾燥崩れなし。

最初から最後まで粉っぽさがないんです。小鼻や口の周りでも。


パウダーのテクノロジーに加え、

・3種のエイジングケア成分(スイゼンジノリ多糖体・アテロコラーゲン・ポリグルタミン酸)

・7種の天然保湿成分(ホホバ種子油・スクワラン・シア脂。シソ種子油・加水分解シルク・加水分解酵母エキス・加水分解ヒアルロン酸)

が配合されているからですね。

この時期パサパサのアラフォーには嬉しい限り。


逆に、W撥水コーティングで汗や皮脂にも強いので、夏でもいけそう!



こちらは限定。

UVケアもできるリップトリートメント。

Image title

とはいえ私の場合、UVケアできるものは荒れやすいという側面も。

でも、香料、合成色素、石油系鉱物油、紫外線吸収剤、パラベン、アルコール、全て不使用。

(UVカットは紫外線散乱剤で対応。)


更に、ファンデと同じく、ホホバ種子油、スクワラン、シア脂など保湿成分たっぷり。

荒れがちな唇でも大丈夫です!


やや固めのテクスチャーですが、滑らかに伸びて、高密着。

Image title


トリートメントだけあってシアー。だけど、唇のシミは隠せました。

Image title

コーラルベージュは、日常使いしやすい色!


朝、ウォーキングするときも、これを塗ってます。

乾燥対策とUV対策が同時にできるのが嬉しい♪

リップベースにも使えるので、この上に口紅を重ねてもOK。


ファンデもリップもとっても秀逸。

進化を続ける江原道コスメ、新商品も大注目です!


Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN