柔らかな風にのって、春のまぶたの流行にピンクが還ってきた。

でも、甘くかわいい印象のピンクは、大人にはマッチしないと思っている人も多いはず。

今春アイメイクに取り入れて欲しいのは、シックな佇まいとひとさじの憂いすら感じさせる甘すぎない"大人のピンク"。

今回は、大人だからこそつけこなせるピンクの魅力を、人気女優のメイクも数多く手がけるヘア&メークアップアーティストのSAKURAさんに教えてもらいました。


Image title


今、なぜ“大人のピンク”がグッとくる?

「一口にピンクといっても、近頃は甘々なムードのものだけでなく、白みや青み、洗練された光沢感の色がすごく増えています。さらに抜け感が何より重視される今、肌なじみの面でも進化したピンクは、晴れて“大人の愛されカラー”になったな、と。自然なうるみ目効果も魅力ですね。無理にピンクを主役にせず、どこかに取り入れるくらいの気持ちで。そしてグレーやブラウンなどの影色とうまく組み合わせることが、素敵につけこなす秘訣。肌づくりも透明感を意識して、甘さのベストなさじ加減を見つけてください」とSAKURAさん。


これまでのピンクのように、ただ甘いだけじゃない、繊細なニュアンスまで感じさせる“大人のピンク”。

次回は、いよいよ実践編。“大人のピンク”シャドウを使ったメイク術をご紹介します!



MAQUIA5月号

撮影/中川真人〈aosora〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/SAKURA〈Allure〉 
スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/琉花 構成・文/小川由紀子 企画/芹澤美希(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share