ビューティラバーたるもの、使える秋新色は逃さず手に入れたい! 「MAQUIA」9月号で紹介中のアイパレットから、ボルドーパレットをピックアップ!Image title


赤みがこっくり深く大人になった!

ボルドーパレット


赤み系ブームはまだまだ続く兆し。その証拠にグッと深みを増したボルドーのアイパレットが秋冬は豊富。赤みを効かせるポイントで、夏秋メイクに差をつけて。Image title


ゴールド、ボルドー、ピンクの組み合わせがトレンドど真ん中。パレット ビューティーメタル ¥7800/イヴ・サンローラン・ボーテ(7/31限定発売)


IN SUMMER


一点豪華なアイラインをアクセサリー代わりに

真夏の日差しに、あれこれ塗り重ねたまぶたはトゥーマッチ。ボルドーのアイカラーでライン風に仕上げたら、その他はミニマムに仕上げつつ、頬と唇にクリアな赤みをプラスして。はつらつとしたヘルシーな色気が、そこに。


夏のボルドーフェイスの作り方

【EYE】Image title

Image title

パレットのaを細チップにとり、目尻~黒目中央までライン状に引く。先をスッと細くせず、丸さを残したシルエットに。下まぶた全体にbをのせ、茶ライナーで上のキワを締め、マスカラをまつ毛上下に軽めに塗る。


インテグレート キャットルック リキッドライナー BR660 ¥950(編集部調べ)/資生堂(8/21限定発売) Image title


ラッシュ クイーン クリーンボリューム ブラック 01 ¥4800/ヘレナ ルビンスタイン(8/1発売) Image title


【CHEEK & LIP】

ともに赤系を使用。クリームチークをにっこり笑って高くなる位置に直接のせたら、“の”の字を描くように指先でポンポンとぼかして。唇はルージュをスティックのまま直塗りした後、指の腹で優しく押さえて。厚ぼったさのない、ナチュラルなニュアンスに。


クリーム チーク ベース 06 ¥4200/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(7/24発売) Image title


クレ・ド・ポー ボーテ ルージュエクラ C(レフィル) 229 ¥3500、同 ホルダー ¥1500/資生堂インターナショナル(8/21発売) Image title


指先も同系色で。ディオール ヴェルニ785 ¥3000/パルファン・クリスチャン・ディオール(7/31限定発売)Image title


【次ページをチェック!】ボルドーパレットを活用した秋メイクは?

Image title

IN FALL

甘く大人な眼差しの赤みが滲む下まぶた


茶色のように肌になじむボルドーだからこそ、下まぶたに大胆に効かせ、“秋の愁い”を目元に宿して。ただ、ゴシック風にならないように上まぶたは締めつつも抜け感を作り、フェミニンなムードを盛り上げて。


秋のボルドーフェイスの作り方

【EYE】Image title

Image title

優しく甘い目元にしたいので、丸みのあるフォルムを意識してメイクを。パレットのaをチップにとり下まぶたに。このとき目頭部分は少しあけて。bを上まぶたに広げ、cの締め色でキワを引き締める。残りの二重幅にdのゴールドで抜けを作るのもお忘れなく。まつ毛はマスカラを下を多めに上下にON。


【CHEEK & LIP】


秋らしさを高める、ダスティローズな頬と口元にするのがポイント。ポット ルージュを指で頬骨に沿ってトントンとなじませる。目元に丸みがある分、シャープに引き上げてバランスよく。リップで唇をピンクに染め、完成。唇と頬にのせて同じ色になることが重要。


ポット ルージュ マウイ ¥3300/ボビイ ブラウン(限定品) Image title

ディオール アディクト フルイド スティック 289 ¥3900/パルファン・クリスチャン・ディオール(7/31発売)Image title

MAQUIA9月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/KUBOK〈I Three Peace〉 スタイリスト/黒崎 彩 〈Linx〉 モデル/野崎萌香 逢沢りな(モア専属) 林田岬優 構成・文/森山和子 企画/山下弓子(MAQUIA)



【MAQUIA9月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫


★【シャネルの新色NEWS】今年らしいのにタイムレスな温もりカラーが勢ぞろい!≫≫



平たい顔、疲れ顔、男顔が一気に華やぐ【コンプレックス一掃メイク】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share