どこよりも鮮度の高いZARAの夏服と、ツヤやきらめきで視線を奪う“光感度メイク”の合わせ技を「MAQUIA」8月号で紹介中! ここではこの夏トレンドのガウチョパンツコーデにぴったりな光感度メイクをチラ見せ!
Image title


提案者はこの2人

スタイリスト 福田麻琴さん

旬の気分をサラッと取り入れた、嫌みのない女っぷりコーディネートに定評あり。明るく気さくなキャラクターにもファンが多い。


ヘア&メイクアップアーティスト

笹本恭平さん

ファッションとリンクした抜け感のあるメイクで、福田さんはじめスタイリストやモデルからの絶大な信頼を集める。愛称「おささ」。



肌映えテラコッタでムードのある女

TERRACOTTA COLOR×光ブロンズシャドウ



福田さん「この夏着たいのは断然テラコッタカラー。小麦肌にも白肌にも映えてムードが出るんです」。


笹本さんツヤっぽいブロンズのクリームシャドウを広めに、黒目の上にだけラメ入りシャドウをオン。これで目元の陰影が自然に引き立って、彫り深に見えるでしょ?」


福田さん「熱を帯びたような艶っぽい目元、映えるね〜。ミニマムな服のアクセ代わりになって、いい感じ」。


笹本さん「色はなじみ系だけど、光やきらめきでさりげなく女っぽく。ツヤや輝きって女の人特有だから、男は思わずドキッとするんだ」。


ブロンズカラーを主役にすべく、トップスはあえてミニマムなデザインを選んで。流行のガウチョパンツとストローハットでこなれ感を出しつつ、高めのヒールサンダルとクラッチで女っぽいバランスに。


FUKUDA MEMO

流行色投入なら夏らしい肌映え色テラコッタ一択!

トップス¥5546、パンツ¥3324、ブレスレット¥1843、バッグ¥4620、靴¥8324/ザラ・ジャパン(ザラ)



【次ページをチェック!】クリームシャドウでつくる彫り深メイク

HOW TO MAKEImage title

ブロンズ色のクリームシャドウ(下)をアイホールよりやや広めに塗る。黒目の上にだけ同色のラメ入りシャドウ(上)を縦長に重ねる。光の集まる部分に輝きがのることで、より陰影の引き立つ目元に!


SASAMOTO MEMO

アクセ代わりのツヤキラブロンズで彫り深な目元に

Image title


つややかな輝きのクリームシャドウと、きらめくラメ入りのパウダーシャドウがセットに。ほんのり熱を帯びたような女っぽい目元を約束! クリーム アンド パウダー アイ カラー 03 ¥6500/トムフォード ビューティ(限定品)


次回は70’Sテイストコーデに合う光感度メイクをご紹介します。


MAQUIA8月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini〉 スタイリスト/福田麻琴(モデル) モデル/市川紗椰 林田岬優 構成・文/長田杏奈 構成/中島 彩(MAQUIA) 


※クレジットのないものはすべてスタイリスト私物です。ZARA商品は完売している場合があります。



【MAQUIA8月号☆絶賛発売中】


≪関連リンクはこちら≫


塗ってます感はザ・モテナイ!【今年の夏メイクは透け感、命!!】≫≫

★【ALL1500円以下】買って損なしコスパ・コスメ~メイクアップ編~≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share