メイクによる骨格操作とヘアによるシルエットコントロール技を融合した新・小顔メソッドを、「MAQUIA」2月号からご紹介! ダブルのアプローチで自分史上最小フェイスが手に入ります。 ここでは、“頬広”タイプのヘア&メイク術をお教えします♪Image title

光影メイクの伝道師

CHIHARU

タカラジェンヌを経てヘア&メイクの世界に。わかりやすく、人それぞれの顔型や骨格に合ったメイクで雑誌はもちろん、女優やタレントのメイクも数多く手がける。


美フォルムヘアのエキスパート

朝日光輝

モデルや有名人からも絶大な支持を受けるヘアサロンairのプロデューサー。髪のスペシャリストとして業界を牽引し、トレンドを生み出す腕にはファン多数。


【頬広タイプ】Image title

エラ張りなどフェイスラインが気になる人はこのタイプ。「正面から見ると顔の両側に余白があるので全体が間伸びして見えがち。サイドの余白はシェーディングで奥にしまい込んで」(CHIHARUさん)。「ヘアはトップの高さを意識し縦長フォルムに」(朝日さん)


MAKE

サイドの余白を縦の影で埋めるのがコツ

土台は、影×縦のメイクでシャープな印象に。目元や眉などのパーツメイクは内側に影を仕込んで。


HAIR

縦方向の毛流れを作り額はアップにするのが◎

横幅が広くぼやけた印象に見えがちなので、ヘアは縦軸を強調するのがコツ。かき上げた前髪なんかも効果的!


【次ページをチェック!】“頬広”顔のためのヘア&メイクを実践!>>>

意識すべきは縦長ライン!

ヘアで高さを作り、メイクでシャープ印象へ

目や口などのパーツが大きく、横に広がって見えるのがこのタイプ。そのため縦状に光と影を入れることでパーツを内側に寄せて見せるのが得策。さらにヘアで高さを加えれば引き締まったフェイスラインが誕生。


MAKE

チークと影を縦長平行に入れ細面印象にImage title

全体が広がって見えるのがこのタイプの改善ポイント。「外側に締め色をのせて全体を内側に寄せるようにメイクするのが攻略セオリー」とCHIHARUさん。こめかみから口角までのフェイスラインにDで自然な影を作り、その影と平行になるよう、黒目の幅に合わせて縦長にBCの深み色チークを塗る。Aで目の下とあごにツヤをのせ、チークを光で挟むと全体が内に寄って見えキュッと締まった印象に。


Image title

A 植物エキスとパールピグメントが潤わせながらツヤめく肌に導くベースクリーム。ストロボクリーム 49g ¥4500/M・A・C 


Image title

B ビビッドな印象に仕上がるコーラルレッドのパウダリー。ジュ コントゥラスト 250 ¥5500/シャネル 


Image title

C シアーな発色のクリームチーク。キッカ フラッシュブラシュ 09 ¥5000(ケース込み)/カネボウ化粧品 

Image title

D するするとのびて肌にフィットし自然なシェーディング効果が。カラー ファンデーション 03 ¥4000/SUQQU


HAIR

トップ〜サイドへ縦に毛流れを作りほっそり感を強調Image title

「横幅が気になるなら、縦のラインを作って気になるパーツへ視線が集まらないようにするのがコツ」と朝日さん。「立ち上がりのあるサイドパートの分け目にして額の長さをプラスし全体に縦の印象を加えましょう。強いカールは横幅の強調につながるので、全体はゆるいシルエットに整えて。


MAQUIA2月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル)高橋一輝(物) ヘア/朝日光輝〈air〉 メイク/CHIHARU スタイリスト/岡野香里〈TRON〉 モデル/林田岬優 構成・文/畑中美香 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

※Amazonはコンパクト版のみの取扱いです。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share