おしゃれな印象のワンレンボブも、ペタンコ髪では老けて見えがち。そこで強めのパーマでボリュームと無造作なハネ感を与えて、今っぽさと女らしさをプラス。頭頂部を立ち上げることで華やかさが加わり、ほどよい若見えも狙えます。さらに嬉しいのは、スタイリングがオイルをもみ込むだけと簡単なこと。忙しい日もサッとキマる優秀ヘアで、余裕たっぷりの美人オーラを放って。

Image titleブラウス¥11000/ユニバーサルランゲージ 渋谷店(2020年2月下旬発売予定) イヤリング¥15000/Jouete ネックレス/スタイリスト私物
肩につくレングスの前下がりボブベースで、動きが出やすいよう質感を軽めに調整します。パーマは22〜24㎜ロッドを使い、内巻きと外巻きのミックス巻きにしてデジキュアパーマをオン。低温で施術するパーマは、しっかりカールでも手触りなめらか。たっぷりのトリートメント成分で美髪に仕上げるから、若見えにも効果的です。カラーは7トーンのセピアブラウンをベースに使い、細かく14トーンのハイライトをイン。地毛に近いダークカラーに束感と上品なきらめきが加わり、おしゃれ感が急上昇! 髪色に制限がある人や、少しだけイメチェンしたい人にも最適です。

Image title夜にシャンプーした髪を乾かすところからスタイリングスタート。髪を根元からしっかり立ち上げるようにドライしておくと、起きた時にもふんわり感が持続。このボリュームがほどよいリフトアップ効果を発揮します。朝は中間〜毛先を少しだけ濡らし、スタイリング剤をもみ込むだけで華やかなスタイルが完成。スタイリング剤はナプラのN. ポリッシュオイルまたは同 スタイリングセラムがオススメ。少量をよく手にのばし、毛先から握るようになじませてしっかりとカール感を出してみて。片サイドを耳にかけるとフェイスラインがスッキリとしてフレッシュ感UP! お出かけの時はさらにウェットに仕上げても、今ドキな表情が楽しめます。


このヘアを担当してくれたのは……
佐藤真希さん(drive for garden)

撮影/廣江雅美 スタイリスト/立石和代 モデル/鰐渕美帆 文/永田未来(ichigo)
drive for garden    http://www.garden-hair.jp/drive_for_garden/


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share