カーキを使ったアースカラーの目元も大好きなんだけど、みんな大好きな赤っぽ系のコスメもやっぱり可愛いんですよね。肌なじみがいいし、程よく顔のアクセントになってくれるから。今出番が多いのはto/one(トーン)のもの。メイクさんに教えてもらって以来、ハマっている2品をご紹介します♡

トーンの赤っぽコスメに今夢中♡【伊藤千晃のBijyo Diary】_1

ペタル エッセンス カラー バター 07はとっても発色がいいんだけど、私はこれをあえて指先でトントンと塗って、淡くじゅわっと発色させるのがお気に入り。ちょっとムラが残るくらいの雰囲気が可愛いなと思って。
 目元には同じくトーンのロング ラッシュ マスカラ 04を。茶色もオレンジみも感じるこの色は、まつ毛につけるといい感じに主張するんだけど、強すぎないから使いやすい。瞳の色もいつもと違ってみえるところもカラーマスカラの楽しいところかな。
アイシャドウも赤み系でそろえてワントーンメイクにすると、さらに可愛くキマりますよ〜。

【伊藤千晃のBijyo Diary】ブログ一覧はこちら >>

モデル・アーティスト

伊藤千晃

1987年1月10日生まれ。愛知県出身。2018年9月にソロとしてアーティスト活動を本格始動。 2019年11月には1stアルバム「Be」をリリース。美容誌でモデルとして活躍しながらライフスタイルブランド「KIKI AND DAYS」のブランドディレクションを行うなど幅広く活躍中。ジュニア野菜ソムリエの資格も取得し、美容・ファッションに関する豊富な知識で同世代の女性からの支持も高い。

share